メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
'''アジア通貨単位'''(あじあつうかたんい)とは、[[アジア]]通貨([[ASEAN]]10カ国+[[日本]]、[[中華人民共和国|中国]]、[[大韓民国|韓国]])の加重平均値を示す。また香港、台湾の加入も検討されている。'''ACU'''(Asian Currency Unit)とも呼ばれる
 
[[1997年]]の[[アジア通貨危機]]が発端で、[[2002年]]の[[アジア欧州会合]]において日本の[[国際通貨研究所]]により提唱された。[[ヨーロッパ]]の[[欧州通貨単位]] (ECU) を手本にしている。
 
 [[1997年]]の[[アジア通貨危機]]が発端で、将来的には[[欧州連合]]の[[ユーロ]]のように[[東アジア共同体]]で使う[[統一通貨]]の基礎となるもので、[[2006年]]から公表される予定
 
 [[1997年]]の[[アジア通貨危機]]が発端で、将来的には[[欧州連合]]の[[ユーロ]]のように[[東アジア共同体]]で使う[[統一通貨]]の基礎となる。
 
[[2006年]]から公表される予定。[[ヨーロッパ]]の[[欧州通貨単位]] (ECU) を手本にしている。
 
{{economy-stub}}
2,120

回編集