「細川清氏」の版間の差分

編集の要約なし
}}
 
'''細川 清氏'''(ほそかわ きようじ)は、[[南北朝時代 (日本)|南北朝時代]]の[[武将]]、[[守護大名]]。[[室町幕府]]2代[[征夷大将軍|将軍]][[足利義詮]]の[[執事]]、[[伊勢国|伊勢]]・[[伊賀国|伊賀]]・[[若狭国|若狭]]守護。[[三河国|三河]]細川郷(現在の[[愛知県]][[岡崎市]]細川町)に生まれる。名は元氏で、後に清氏と名乗る。官位は左近将監、伊予守、相模守。父は[[細川和氏]]。兄弟に[[細川頼和|頼和]]、[[細川将氏|将氏]]、[[細川家氏|家氏]]、[[細川業氏|業氏]]。子に[[細川正氏|正氏]]。
 
== 生涯 ==
匿名利用者