「骨法 (格闘技)」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 除去: en:Koppōjutsu)
日本固有説を唱える[[堀辺正史]](後述)は、著書『喧嘩芸骨法』の中で、「骨法が[[唐]]の[[僧]]・[[鑑真]]から学んだ[[中国武術|中国拳法]]であるという説は、[[藤原仲麻呂]]によってでっち上げられた」としている。また、堀辺は著書で堀辺家には藤原仲麻呂と[[志賀清林]]を同一人物と伝える口伝があったと記している(ただし、この口伝については、堀辺自身が著書で「この二人が同一人物であったとは考えられない」と記している)。
 
=== 中国起源説2 ===
中国の姚玉虎から始まり、張武勝が日本に伝えた。
*月刊秘伝2010年10月号 BABジャパン
匿名利用者