「学者」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記|date=2007年10月}}
'''学者'''(がくしゃ)とは、何らかの[[学問]]の[[研究]]や[[教授]]を専門とする[[人]]、およびその[[職業]]の総称である。'''研究者'''(けんきゅうしゃ)とも言う。学問の[[専門家]]。
 
== 概要 ==
学者とは、[[大学]]の専任教員、[[研究機関]]や[[研究所]]の専属研究員、[[博物館]]の専属[[学芸員]]といった職業研究者から、広義に、アマチュア学者と呼ばれる他に職業持つ研究者、大学の研究生ないし博士課程の学生までが含まれる(ここでは、職業研究者について述べる)指す。理系の場合には、世界的に見て[[博士]]が必要条件であることが多い([[アングロサクソン]]文化では、[[修士]]卒で研究職にあっても、研究補助員としか見なしてくれない)。また、特定の[[大学]]や[[研究所]]に専任または常勤ポストを持たず、非常勤やパートのような形態で勤務する場合は、一般的に研究者とはみなさない。このため、他に職業を持ちながら自分で研究活動を行う'''研究家'''(けんきゅうか)も狭義には'''学者'''(がくしゃ)とは区別するべきである
 
学者は、研究活動の成果を定期的に[[学会]]で発表を行うと言う印象が世間一般では通っているようである。例えば創作中のいわゆる[[マッドサイエンティスト]]は、「学会で発表したものが認められなかったから」といったなりゆきが語られることが多い。しかし、これは必ずしも正しくなく、なかなか発表を行わない学者も存在する。ちなみに、「学会で発表」というと、学者が集まった会でみんなの前で[[演説]]する印象があるが、具体的な発表の形としては、ブラインドレビューシステムにおける[[査読]]を経た学術[[論文]]の出版が唯一の正当なものであり、口頭発表やポスター発表などは後に論文の形で出版されない限りは正式のものとは認められない。また、マスコミを介した発表や個人のブログやホームページ等を用いた発表も正式な物ではない。大学などで発行される[[紀要]]等も一般的には[[査読]]を課さないものが多く、分野によっては学術[[論文]]とはみなさないことがある
 
学者の格というのは、例外もあるが、世界的に見て[[論文]](分野によっては特に英語で書かれた[[査読]]付きフルペーパー)の質と数で決まると言っても過言ではない。学者としての一つの称号である博士を取得するには、大学によるが、通常3本以上の査読付き論文を必要とし、その後のポスト探しにおいても論文数が重要な要素となる。この評価方式であるため、ある意味、研究能力(論文数)に応じて平等とも言えるが、その生き残りは非常に困難である。本制度は、論文の書きにくいテーマを選んだ人に不利で、さらには他の面(人格、社会貢献や教育貢献)が評価の対象に上がり難く、この弊害が長年指摘され続けていた。
また[[准教授]]や[[教授]]の募集においても、建前として募集者の中で最も論文数の多い学者が選ばれるため、場合にもよるがおよそ20本以上の論文を書き上げる必要があり、その困難さが伺い知れる。ただし、高位のポストの学者は部下や同僚が連名者として名前を入れるため、自動的に論文数が増えることになり、この点で有利となる。
 
なお、これらの論文を書くという能力は答えのない分野を開拓することであり、暗記といった受験の能力とは別で、学校の成績の良かった者が必ずしも論文を書けるわけではない。また学者は論文執筆能力は高いが、[[職業教育]]を受けた人は少ないためそれ以外の能力は必ずしも高いわけではない{{要出典|date=2007年12月}}。<!--(下記は余計か...)学者でかつ[[技術者]]でもあるという人は少なく、例えば[[ロボット]]学者という場合も、単純にロボット製作だけを見るならば、[[工業高校]]の生徒の方が能力の高い場合が多い。-->
学術論文と同様に、研究活動の成果として著書を執筆する研究者も多い。しかしながら、著書のほとんどは査読を経る必要がない。自費出版で書籍を出版することもできるため、学者の評価としては適切であるとは言えない。
<!--(下記は余計か...)学者でかつ[[技術者]]でもあるという人は少なく、例えば[[ロボット]]学者という場合も、単純にロボット製作だけを見るならば、[[工業高校]]の生徒の方が能力の高い場合が多い。-->
<!--(負の印象を持つ記述は余計でした。しかし表現がポジティブになれば、残っても良いかとも思うのですが)
=== 論文問題 ===
 
<!--(少々マニアックでした。文系や農、医、薬学部については判らないので書いていません。)
 
=== 学者の人生 ===
理系の場合には、まず博士を取得することがスタートと言っても過言ではない。この博士を取得するまでに、その大半は精神的、経済的面、もしくは論文数が不足することによりドロップアウト(諦めて普通のサラリーマンとなったり、予備校の先生になったり、失踪)することになる。次の問題としては、学者としての職を見つけることである。これは、博士の数と研究職の数のバランスが取れておらず非常に困難である(戦後発生した[[オーバードクター]]問題)。ここでも相当の人がドロップアウトすることになる。なお、テーマを変える人もいるが、特定の専門分野の公募は、その専門に特化した論文のみをカウントし、また専門という非常に狭い範囲で分野を少しでも変わると、前述したように文化も何も違うためゼロからのスタートとなり、不利となる。学者が研究職以外に転職する場合には、普通の職は高い専門性が必要で無い場合があり、その場合には賃金の安い新卒の方が有利となる。高い専門性の職の場合には、その道で現場経験の長い人が雇われる。そのため、転職はまず失敗することが多い。
匿名利用者