「Z80」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.1) (ロボットによる 追加: el:Zilog Z80)
[[ファイル:Z0840008PSC_01.jpg|thumb|Z80 CPU(1993年第45週製造品)]]
'''Z80''' は、[[アメリカ合衆国|米国]][[ザイログ|ザイログ社]]によって製造された [[8ビット]]・[[マイクロプロセッサー]]である。[[1976年]]に発表され、[[1980年代]]の中頃までは、[[パーソナルコンピューター|パーソナル・コンピューター]]の[[CPU]]としてなど、幅広い用途に使用された。以後も周辺デバイスを集積した製品が出されるなど、現在でも[[組み込みシステム|組み込み]]用途等、目に見えないところで多用されている。
 
==Z80の概要==
ザイログ社オリジナルの製品として[[クロック|クロック周波数]]が2.5[[メガヘルツ|MHz]]のZ80から20MHzの派生製品まで、各社から[[セカンドソース]]や互換製品が製造されている。現在では実チップではなく、[[FPGA]]や[[ASIC]]用の[[IPコア]]として活用されている。[[パチンコ]]の主基板向けプロセッサに使われているNECのμPD70008 IPをはじめ、商用の互換コアは20社以上存在し、[[オープンソース]]のIPコアも5種類以上存在している。
 
Z80とその互換CPUは、当初はより高速な8080互換CPUとして応用され、[[Altair 8800#S-100バス|S-100バス]]互換機にもこぞって搭載されるなど、黎明期のパーソナルコンピューター市場を支配した。日本国内においても、1970年代の末から80年代前半頃にかけて、ビジネス用のオフィスコンピューターなどの他、各社の[[ホビーパソコン]]にも搭載された。
 
また組み込み用としては[[21世紀]]に至るまで応用され続けて来ており、多数の機器に搭載されたほか、初期のゲーム専用機などにも搭載されていた。パチンコ・パチスロの抽選を司る主基板部分のコアCPUには暗号機能を付与したZ80ベースのカスタムLSIが使われており、もっとも消費量の多い分野の一つである。このLSIはCPUとメモリの間で交換するデータを暗号化し、プローブを当ててもプログラムやデータが読み取れない様にしている。
 
8080が、それと組み合わせられる8251([[UART|USART]])、8253([[CTC]]/[[PIT]])、8255([[パラレルポート|PPI]])でファミリーを構成していたのに対応して、Z80SIO、Z80CTC、Z80PIOや、Z80[[Direct Memory Access|DMA]]でZ-80ファミリーを構成する。また、これらを組み合わせたマイコンがある。
匿名利用者