「テッサー」の版間の差分

 
== 歴史 ==
[[1902年]]に、[[パウル・ルドルフ]]により[[エルンスト・ヴァンデルスレブ]]の協力を得て考案された。F値は発表当時F6.3であった。ルドルフはF値の向上に否定的であったが、ヴァンデルスレブによりF4.5、[[ウィリー・ウォルター・メルテ]]によりF3.5、さらにF2.8まで大口径化された。[[カール・ツァイスのレンズ製品一覧|ツァイスの分類]]では、F6.3のテッサーがシリーズIIB、製版用のアポクロマティックテッサーはシリ−ズVIII、F4.5やF3.5の大口径テッサ−はシリーズICとされた。
 
構成は[[ウナー]]の前群と[[プロター (レンズ)|プロター]]の後群を合わせたもので3群4枚構成。特許上は2枚目と3枚目の間に絞りがある。「鷲の目」と呼ばれるシャープさが特徴であり、このレンズの登場によって多くの人々が「普通によく写る」レンズを手に入れたと言われる。他のレンズメーカーにも多大な影響を与え、コピーや類似したレンズが数多く造られた。名称は構成レンズ数から来ている。
 
[[1903年]][[アメリカ合衆国]]の[[ボシュロム]]がパテントを購入しアメリカで製造を開始した<ref>カメラレビュー増刊クラシックカメラ専科P192</ref>。他にイギリスのロッス、フランスのクラウスでもライセンス生産されている。
 
戦後は東西両方のツァイスで製造された。当初西側ではカール・ツァイスの子会社「ツァイス・オプトン」にて生産されたが当時の世評は低かった。しかし現代において実際に撮影に供した人からは特に不評を聞かない。「カール・ツァイス」銘に戻ってからは再び高い評価を受けている。{{要検証|date=2011年1月}}
本来の3群4枚構成からは逸脱することもあるが望遠レンズの多くにもテレテッサー(''Tele-Tessar'' )の名前が使われ、うち色収差補正をアポクロマートにしたものはテレアポテッサー(''Tele-Apo-Tessar'' )の名称を使用する。レンズの構成枚数が少なくレンズエレメントの空間が比較的長いので軽量コンパクトになる。またズームレンズでコンパクトな製品に[[バリオテッサー]]銘をつけるようになっている。
 
下に掲げた以外にも[[コンパクトカメラ]][[レンズマウント#ねじ込み式|M42マウント]]等多機種多[[レンズマウント|マウント]]で使用されている。
 
== 製品一覧 ==
匿名利用者