「プロター (レンズ)」の版間の差分

編集の要約なし
[[画像:Protar.png|200px|right|thumb|プロターの一例<ref>シリーズIIIまたはシリーズV。</ref>]]
'''プロター'''(''Protar'' )は[[パウル・ルドルフ]]により発明された[[カール・ツァイス]]のレンズ名である。1900~1920[[1900年代]]~[[1920年代]]の大型カメラ用レンズとして広く普及した。[[ウナー]]を経由して[[テッサー]]の原型となった。
 
当初は単にツァイス・アナスチグマットであったが[[1900年]]にプロターに改名された。ツァイス・アナスチグマットのうちシリーズIAが[[プラナー]]、シリーズIBが[[ウナー]]、シリーズIIBとシリーズICが[[テッサー]]、シリーズVIIIがアポクロマティックテッサーとされ、それ以外がプロターとなっている。
 
ここでは「プロターシリーズ〜」という表記をしたが[[日本]]では「プロター第〜類」という表記も多い。プロターを2本組み合わせたドッペルプロターは「複プロター」「組み合わせプロター」あるいは「ダブルプロター」とも表記される。
 
レンズ銘板が'''プロターリンゼ'''(''Protarlinse'' )という表記のものもあるが、"linse"はドイツ語でレンズのことであり、これもプロターである。
== 製品一覧 ==
=== 大判用 ===
*'''プロターシリーズI'''(1891([[1891]]) - 前群2枚後群3枚F4.5、プロターの中では最も明るいレンズで人物撮影用。
*'''プロターシリーズII'''(1891年) - 前群2枚後群3枚F6.3。
*'''プロターシリーズIIA'''(1893年) - 前群2枚後群3枚。包括角度75度。
**7番 - 350mmF8。
**8番 - 433mmF8。
*'''プロターシリーズIII'''(1890([[1890]]) - 前群2枚後群2枚F7.5、包括角度90度。
*'''プロターシリーズIIIA'''(1891年) - 像面湾曲が極端に少ない。前群2枚後群2枚、包括角度97度。
**0番 - 75mmF9。
**9番 - 632mmF18。
**10番 - 947mmF18。
*'''プロターシリーズVI'''(1893([[1893]]) - F14.5、1群3枚。'''プロターシリーズVII'''の発売により製造中止された。
*'''ドッペルプロターシリーズVIA'''(1893年) - '''プロターシリーズVI'''を2本組み合わせて使用するもの。無論前群後群それぞれ単独でも使える。
*'''プロターシリーズVII'''(1895([[1895]]) - '''プロターシリーズVI'''の改良版。ボシュロムにもライセンスされ[[1960年代]]まで生産されていた。包括角度85度。
**0番 - 100mmF11。
**00番 - 135mmF11。
**28番 - シリーズVIIの10番+シリーズVIIの10番。515mmF6.3。
**30番 - シリーズVIIの11番+シリーズVIIの11番。595mmF6.6。
*'''プロターセット''' - '''シリーズVII'''レンズ、[[シャッター (カメラ)|シャッター]][[レンズマウント]]が箱入りになったセット。
**'''Boセット''' - 1番2番3番の3本セット。
**'''Cセット''' - 5×7in判用で2番3番4番の3本セット。
匿名利用者