「プラナー」の版間の差分

編集の要約なし
<!--カール・ツァイスのレンズ製品一覧、ローデンシュトック、シュナイダー・クロイツナッハ、コンタックス、ハッセルブラッドは統一フォーマットになっているためフォーマット変更は慎重に-->[[Image:Double-Gauss.jpg|thumb|right|200px|プラナー]]
'''プラナー'''(''Planar'' )は[[パウル・ルドルフ]]が[[1897年]]に発明した[[カール・ツァイス]]の[[写真レンズ]]ツァイス・アナスチグマットとしてはシリーズIAであった。ちなみにツァイス・アナスチグマットのシリーズIBが[[ウナー]]、シリーズIIBが[[テッサー]]、それ以外が[[プロター (レンズ)|プロター]]となっている。
 
前後対称構造をしており、大口径化が容易である。レンズコーティング技術が実用的でなかった[[第二次世界大戦]]前は内面反射の多さを嫌われあまり普及しなかったが、Tコーティング、T*コーティングが実用化され[[一眼レフカメラ]]全盛となるとツァイスの看板レンズに踊り出た。主に[[標準レンズ]]に採用され、一部大口径望遠レンズがある。像が平坦である<ref>ここでいう像が平坦だというのは、画面の中心から端までの性能差が小さく、全面に均一な性能を発揮する事を言う。通常レンズでは中心の解像能力が最も高く、そこから離れるにつれ数値が低下するが、プラナー・タイプでは画面の境界近くでもそれほど性能が低下しないのが特徴である。</ref>ことからプレーン(平坦)を名称の由来とする。
 
Sプラナー(''S-Planar'' )は特殊用途であることを示し、その多くはいわゆるマクロレンズであり、後にマクロプラナー(''Makro-Planar'' )に名称変更された。S-Planarには[[ステッパー|半導体露光装置]]用や引き伸ばしレンズ、マイクロフィルム用レンズなども存在した。
 
== 製品一覧 ==
匿名利用者