「北方ルネサンス建築」の版間の差分

編集の要約なし
 
==概説==
[[フィレンツェ]]でルネサンス建築が開花した[[15世紀]]、他のヨーロッパ諸国は[[ゴシック]]の世界にあり、[[ハンガリー]]や[[ロシア]]を除けば、[[イタリア]]の建築思想の痕跡は見られないが、[[16世紀]]初期に王侯貴族によってラテン文学が積極的に導入されるようになると、これにともなって[[イタリア]]で培われたルネサンス建築の意匠も紹介され、[[東欧]]諸国、[[フランス]]、[[ドイツ]]、[[オランダ]]、[[スペイン]]、そして[[イギリス]]に新しいデザインの着想をもたらした。しかし、後の[[バロック建築]]や[[新古典主義建築]]と比較すると、[[ヨーロッパ]]諸国に与えたルネサンス建築の影響力は、その範囲がかなり限定されている。これには、二つの事象が大きく影響している。
 
第一に、イタリア以外の建築家や職人にとって、[[古典主義]]の簡潔な装飾を模倣することは容易な作業であったが、古典主義の思想や理論を表現することは難しかったという点である。イタリアの建築書が紹介されることもあったが、[[ローマ建築]]を目にする機会は得られず、また、ゴシックの芸術的伝統をなかなか棄てることもできなかった16世紀初期の時点で、彼らはどうにか擬似的な古典主義を表現するにとどまっていたにすぎず、君主たちはどうしても洗練されたイタリアの建築家を雇わざるを得なかった。そしてこれは、君主の間で芸術家を獲得するための競争が加熱する要因になった。イタリアに旅行し、イタリアの建築書を読んだ[[フェリベール・ド・ロルム]]や[[イニゴー・ジョーンズ]]のような建築家たちの作品が現れるのは、16世紀後期から[[17世紀]]初期になってからである。
 
第二は、各国の政治的状況である。[[フランス王国]]は[[スペイン|スペイン王国]]とイタリアの領地獲得をめぐる紛争状態([[イタリア戦争]])にあり、16世紀後半には大規模な内戦([[ユグノー戦争]])に突入する。スペイン王国は黄金期であったが、[[神聖ローマ帝国]]は [[宗教改革]]による動乱の渦中にあったうえに、[[オスマン帝国]]の脅威([[第一次ウィーン包囲]])に曝されていた。加えて[[ネーデルランド]]の諸都市による[[八十年戦争]]も勃発するなど、問題を抱えていた。[[イングランド]]は比較的安定していたものの、[[エリザベス1世 (イングランド女王)|エリザベス1世]]の方針により、16世紀後半はほとんど諸外国との関係を断っており、[[イングランド国教会]]も[[カトリック教会]]とは分断されていた。このような状況がルネサンス建築の導入を難しくさせる要因となっていた。
==各国のルネサンス建築==
===東欧諸国のルネサンス建築===
[[ハンガリー王国]]、[[モスクワ大公|モスクワ大公国]]、[[ポーランド王国]]、[[オーストリア公国]]などの東欧諸国は、[[西ヨーロッパ]]の国々に比べるとルネサンス建築の導入はずっと早く、特に[[1458年]]から[[1490年]]にわたる[[マーチャーシュ1世]]治下の[[ハンガリー王国]]では、豊かなルネサンス芸術が花開いた。
[[Image: Esztergom Bakocz-chapel 1.JPG |thumb|right|250px|バコーツ礼拝堂]]
マーチャーシュは[[ブダペスト|ブダ]]の王宮にイリアから石工や彫刻家を招き、多くの仕事をさせたことが、ブダ城やヴィースグラード城の発掘により証明されている。マーチャーシュの後を継いだ[[ボヘミア]]王[[ウラースロー2世]]もまた、ルネサンス建築を取り入れ、[[1506年]]に[[エステルゴム]]大聖堂のバコーツ礼拝堂を起工する。この建築は、平面も装飾においてもルネサンス建築として成立しているものであった。彼は[[プラハ]]の宮廷にもルネサンス建築を取り入れ、[[プラハ城]]のウラディスラフ・ホールや、[[クラクフ]]の[[ヴァヴェル城]]の増築部分に古典的なモティーフをちりばめた。[[ヴァヴェル大聖堂]]のジギスムンドの霊廟は、フィレンツェ出身の建築家が起用され、ルネサンス建築として建設されている。
 
===イギリスのルネサンス建築===
イギリスでのルネサンス建築の導入は大変厳しく、地理的な遠さもさることながら、やはり宗教改革による影響が大きかった。イタリアの建築家たちによる建築書が全く紹介されなかったわけではないが、16世紀半ばに至るまで、イギリス建築は殆ど鎖国に近い状態であったと言える。[[1530年代]]から[[1620年代]]にかけて、やっとルネサンスらしき様式が導入されるようになるが、フランス、オランダ、ドイツを経由して屈曲したものであったし、ゴシック様式の伝統は、イギリスでは決して死に絶えることはなかったようである。結果、[[1556年]]に起工したバーリィ・ハウスでは、フランスの[[凱旋門]]とイギリスの伝統的装飾を、オランダの職人が製造するという恐るべき混淆がなされている。
 
[[トッリジアーノ]]や[[ジョン・シュート]]といった建築家たちは、イギリスにおけるルネッサンスの導入に多少の影響を与えたようであるが、決定的な大転換は起らなかった。しかし、17紀に入ると、[[イニゴー・ジョーンズ]]によって、イタリアのルネサンス建築は、ほぼそのまま持ち込まれるようになった。[[1616年]]起工の[[クイーンズ・ハウス]]や[[1619年]]起工の[[バンケティング・ハウス]]は、彼の建築家としての力量を端的に示している。実際、彼は近代的な意味でのイギリスにおけるはじめての建築家であった。
 
==主要建築物==
匿名利用者