「マルチリンク式サスペンション」の版間の差分

編集の要約なし
性能を維持するためには、使用過程でのブッシュ類の管理を厳密に行う必要があり、ブッシュの交換周期は短い。作業工程と調整箇所が多いことから、分解、組み付け、その後の[[ホイールアライメント]]調整にも時間を要す。時間短縮のためブッシュの打ち換えをせず、アームごとのアッセンブリー交換を推奨している販売店もあるが、当然、部品代の増額となり、いずれの場合も他の懸架方式に比べ、ランニングコストは上昇する。
 
マルチリンク式は基本的に「仮想転舵軸(仮想キングピン)を持った構造」とされているが、厳密な定義がないため「ダブルウィッシュボーンの延長線上にある形式」と書かれた資料もある。
 
996型[[ポルシェ・911]]のように、I アームとセミトレーリングアームを組み合わせたようなものでも「仮想転舵軸」が存在するので、あくまで複数(主に4本以上)のアームによって構成されたサスペンションの総称というわけではない。
匿名利用者