「ローテンブルク・オプ・デア・タウバー」の版間の差分

m
→‎歴史: misstype 修正
m (→‎歴史: misstype 修正)
このコムブルク=ローテンブルク伯が断絶する[[1108年]]までには、皇帝の城が築かれていた。この伯家の最後の当主となったハインリヒ・フォン・ローテンブルクは、城をコムブルク[[修道院]]に遺贈した。
 
しかし、[[神聖ローマ皇帝|皇帝]][[ハインリヒ5世 (神聖ローマ皇帝)|ハインリヒ5世]]は、この遺贈を認めず、甥の[[コンラート3世 (神聖ローマ皇帝)|コンラート・フォン・ホーエンシュタウフェン]]に[[レーエン]]としてこの所領を与えた。コンラートは[[1137年]]に[[ドイツ王]](在位[[1138年]]-[[13521152年]])に即位してコンラート3世となると、[[1142年]]にローテンブルクに帝国の城を築き、ここに宮廷を置いた。しかしローテンブルクの宮殿において政務を執った国王はコンラート3世のみである。
 
彼の息子の[[フリードリヒ4世 (シュヴァーベン大公)|フリードリヒ・フォン・ローテンブルク]]は、父親が亡くなったときはまだ成人前であったため、従兄弟の[[フリードリヒ1世 (神聖ローマ皇帝)|フリードリヒ1世]]の後見下に置かれ、[[1157年]]に「ローテンブルク公」という称号で[[刀礼]]を受けた。フリードリヒ1世により、フリードリヒ・フォン・ローテンブルクには[[エーガーラント]]地方も与えられた。フリードリヒは[[1167年]]に亡くなり、彼の兄も早逝していたため、ローテンブルクの城は意味を失った。
21,491

回編集