「ヴェルナー・ラトマイヤー」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: en:Werner Rathmayr)
'''ヴェルナー・ラトマイヤー'''(Werner Rathmayr、[[1972年]][[1月26日]] - )は[[オーストリア]]、[[オーバーエスターライヒ州]][[リンツ]]出身の元[[スキージャンプ]]選手。
 
== プロフィール ==
6歳の時スキージャンプを始め、17歳の時1990年1月4日に[[スキージャンプ週間]]のインスプルックで地元枠として出場、[[スキージャンプ・ワールドカップ]]にデビューした。同年3月のノルディックスキージュニア世界選手権では団体戦で[[ハインツ・クッティン]]、[[ハンス・ミロニヒ]]、[[アレックス・ポイントナー]]とともに金メダルを獲得した。
6歳の時スキージャンプを始め、
17歳の時1990年1月4日に[[スキージャンプ週間]]のインスプルックで地元枠として出場、[[スキージャンプ・ワールドカップ]]にデビューした。同年3月のノルディックスキージュニア世界選手権では団体戦で[[ハインツ・クッティン]]、[[ハンス・ミロニヒ]]、[[アレックス・ポイントナー]]とともに金メダルを獲得した。
 
1991-1992シーズンからワールドカップに本格参戦、[[札幌]]では12月14日の[[宮の森ジャンプ競技場|ノーマルヒル]]で98mのバッケンレコードを記録して初優勝すると翌日の[[大倉山ジャンプ競技場|ラージヒル]]でも連勝した。[[スキージャンプ週間]]では自己最高位の3位、1月25日と1月26日のフライング([[オーベルストドルフ]])でも2連勝した。しかしこの時点でワールドカップ総合首位に立っていながら[[アルベールビルオリンピック]]には厚い選手層に阻まれて出場できず、ワールドカップ総合でも[[トニ・ニエミネン]]に水をあけられて2位に終わった。
[[スキージャンプ週間]]では自己最高位の3位、1月25日と1月26日のフライング([[オーベルストドルフ]])でも2連勝した。
しかしこの時点でワールドカップ総合首位に立っていながら[[アルベールビルオリンピック]]には厚い選手層に阻まれて出場できず、ワールドカップ総合でも[[トニ・ニエミネン]]に水をあけられて2位に終わった。
 
翌1992-1993シーズンも開幕から好調で12月5日、6日の[[ファルン]]で2連勝、12月19日、20日の[[札幌]]で2戦連続2位など上位に入っていたが[[1993年ノルディックスキー世界選手権]]ではラージヒルの試技で転倒して頭を打ち入院したため出場できなかった。ワールドカップ総合は4位となった。
 
以後は成績は下降線を辿り、1993-1994シーズン総合26位、1994-1995シーズン総合59位、1995-1996シーズンはポイントなし、1996-1997シーズン総合93位で、このシーズン限りで現役を退いた。ワールドカップ通算6勝(2位5回、3位1回)
ワールドカップ通算6勝(2位5回、3位1回)。
 
ラトマイヤーは空中で手や指を小刻みに動かしてバランスをとることから空中のピアニストとニックネームをつけられることがあった。
 
現役引退後はコーチになり、ナショナルジュニアチームやナショナルBチームの指導に当たっている。
*[http://www.fis-ski.com/uk/604/613.html?sector=JP&competitorid=49941&type=result FIS公式記録(英語版)]
 
{{DEFAULTSORT:らとまいや  うえるな}}
[[Category:オーストリアのスキージャンプ選手]]
[[Category:スキー指導者]]
[[Category:リンツ出身の人物]]
[[Category:1972年生]]
[[Category:存命人物]]
匿名利用者