「神々自身」の版間の差分

編集の要約なし
{{Portal|文学}}
『'''神々自身'''』('(かみがみじしん、''The Gods Themselves''')は、[[アイザック・アシモフ]]の[[サイエンス・フィクション|SF小説]]。[[1972年]]に刊行された。
 
==概要==
{{ネタバレ}}
アシモフの長編としては珍しく、[[ファウンデーションシリーズ]]や[[ロボット]]シリーズと全く関わりのい独立した作品である。
 
異なる物理法則を持つ[[パラレルワールド]]からもたらされた科学技術を軸に、その危険性を訴える者と、利権や偏見のためにそれを抹殺しようとする者たちとの闘いを描いている。全3部構成で、タイトルや各章の表題にもなっている[[フリードリヒ・フォン・シラー|シラー]]の引用句「愚かしさという物は、神々自身が相手をしても敵わない」が作品のテーマである。
 
当時ノンフィクション中心に執筆していたアシモフの久々のSF長編だったことに加え、特に第2部では従来のアシモフ作品に欠けていると言われていた「[[宇宙人|異星人]]」と「[[セックス]]」をストーリーの中核に置いたことで話題を呼んだ。[[ヒューゴー賞]]・[[ネビュラ賞]]長編部門受賞作。
 
この作品の基本アイデアである空想の物質「[[プルトニウム]]186」は、SF作家の[[ロバート・シルヴァーバーグ]](後にアシモフの3短編を長編化している)が講演の席で適当な放射性物質を挙げる必要が生じた際に、誤って現実に存在し得ない「プルトニウム186」と言っての名を口にまっことに因んでいる。元々はシルヴァーバーグ編纂の[[アンソロジー]]収録用に短編として書き始められたが、アシモフ自身の意図に反して分量が増えてしまい結局長編化されることとなった(アンソロジー用には代替として短編「好敵手」(『[[木星買います]]』所収)が書かれている)。
 
アシモフ晩年の短編ゴールド-黄金(Gold)』」(''Gold'')は、黄金と引き換えにSF作家から自作の電子ドラマ化を依頼されるドラマ作家の話であるが、その作品は本作の第2部をモデルにしている。
 
==あらすじ==
パラ宇宙との電子交換により無公害無尽蔵のエネルギーを得られる夢の動力源「エレクトロン・ポンプ」(一種の[[永久機関]])を中心に話が展開される。第1部ではポンプの隠された危険性を訴える若き物理学者ラモントの挫折を、第2部ではパラ宇宙で同じくポンプの危険性を訴えるデュアの運命を、第3部では月に移住した物理学者デニソンがポンプの危険性の証拠とその解決策を得る過程を描いている。
 
{{ネタバレ終了}}
匿名利用者