「2-ノネナール」の版間の差分

 
== 加齢臭との関連について ==
 
2001年4月発行の''Journal of Investigative Dermatology'' (JID)において、資生堂リサーチセンターの土師信一郎らによって"2-Nonenal, Newly Found in Human Body Odor Tends to Increase with Aging"の表題で発表された<ref>{{cite journal | author = S. Haze, Y. Gozu, S. Nakamura, Y. Kohno, K. Sawano, H. Ohta and K. Yamazaki | title = 2-Nonenal Newly Found in Human Body Odor Tends to Increase with Aging | year = 2001 | journal = [[Journal of Investigative Dermatology]] | volume = 116 | issue = 4 | pages = 520–524 | doi = 10.1046/j.0022-202x.2001.01287.x}}</ref>。
 
 
彼らは、シャツに縫い込まれたガーゼパッドでサンプルを集め、溶媒に[[ヘキサン]]を用いて[[脂質]]を抽出することによって皮膚表面の脂質の濃度を分析し、サピエン酸のようなω-10脂肪酸の濃度は年齢による変化は見られないが、ω-7脂肪酸の濃度は加齢によって増加することを報告した。
 
== 関連項目 ==
* [[ペラルゴン酸]]
 
== 脚注 ==
45,811

回編集