「隠岐騒動」の版間の差分

(→‎騒動までの経緯: 全体的に追記および修正)
 
[[嘉永]]5年 / 嘉永6年([[1853年]])の[[黒船来航]]以来、[[黒船]]の[[日本]]近海への出没が頻繁に発生し、[[松江藩]]は幕府から隠岐国の[[防御]]を命ぜられ[[文久]]2年([[1862年]])にイギリスとアメリカから艦船を一隻ずつ購入している。
さらに松江藩は[[文久]]3年([[1863年]])に隠岐の軍備増強のため当時全国的に導入されつつあった農兵制を隠岐で採用し藩士・錦織録蔵がこれを指導による17歳から50歳の男子による農兵制を導入された。[[元治]]元年([[1864年]])には隠岐防御への協力を朝廷より命ぜられていた[[鳥取藩]]から景山龍蔵も派遣された。しかし、隠岐国郡代の枝元喜左衛門は[[西郷港]]に入港した船に立ち入った際、[[帯刀]]を船内に置き忘れるという失態を犯した。これにより島民の松江藩への信頼は大きく失墜した。
[[慶応]]2年([[1866年]])、松江藩は農兵隊に加えて、島の有産家の子弟三十人を選び、これに扶持を与えて「新農兵」として組織した。ついで翌年には武芸差留を布告し事実上、農兵は廃止された。
 
==騒動の概要==
809

回編集