「チャーリー・ホワイト」の版間の差分

メダリスト、戦績
(メダリスト、戦績)
| FD 年 = 2010 世界選手権
}}
'''チャーリー・ホワイト'''(Charlie White, [[1987年]][[10月24日]] - )は、[[アメリカ合衆国]][[ミシガン州]]出身の[[男性]][[フィギュアスケート]][[アイスダンス]]選手。2010年[[バンクーバーオリンピックにおけるフィギュアスケート競技|バンクーバーオリンピック]]銀メダリスト。[[20102011年世界フィギュアスケート選手権|20102011年世界選手権]]2位優勝。[[2009年四大陸フィギュアスケート選手権|2009年]]、[[2011年四大陸フィギュアスケート選手権|2011年四大陸選手権]]優勝。パートナーは[[メリル・デイヴィス]]
 
== 経歴 ==
 
2009-2010シーズン、[[ロステレコム杯]]とNHK杯で優勝、2度目の出場となったグランプリファイナルで初優勝、全米選手権では7度目の優勝を狙っていた[[タニス・ベルビン]]と[[ベンジャミン・アゴスト]]を破り2連覇。初めてのオリンピック出場となったバンクーバーオリンピックでは銀メダルを獲得し、同じコーチの元で練習をしている[[テッサ・ヴァーチュ]]と[[スコット・モイア]]と共に表彰台に上った。[[2010年世界フィギュアスケート選手権|世界選手権]]では初の表彰台となる2位になった。
 
2010-2011シーズン、ISUグランプリシリーズ2戦と[[2010/2011 ISUグランプリファイナル|グランプリファイナル]]でSD、FDを通じて1位の完全優勝を果たした。全米選手権では3連覇。[[2011年四大陸フィギュアスケート選手権|四大陸選手権]]と[[2011年世界フィギュアスケート選手権|世界選手権]]ではSD2位となったがFDでは1位となり、シーズン全ての大会で優勝を果たした。
 
== 主な戦績 ==
|4
| style="background-color:#c0c0c0" | 2
| style="background-color: #ffd700"|1
|
|-
| style="text-align:left" | [[四大陸フィギュアスケート選手権|四大陸選手権]]
=== 詳細 ===
{{F.SkatersCompetitionResults(SD)|2010|
{{F.SkatersRbC|2011|4|24|5|1|[[2011年世界フィギュアスケート選手権]]|[[モスクワ]]|1|185.27|2|73.76|1|111.51}}|
{{F.SkatersRbC|2011|2|15||20|[[2011年四大陸フィギュアスケート選手権]]|[[台北市]]|1|172.03|2|69.01|1|103.02}}|
{{F.SkatersRbC|2011|1|23||30|[[全米フィギュアスケート選手権]]|[[グリーンズボロ (ノースカロライナ州)|グリーンズボロ]]|1|185.48|1|76.04|1|109.44}}|