「緑の政治」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
みどりの政治は保守派・左派双方の流れに由来する[[環境保護]]・[[環境運動]]を端緒にして始まったが、その後は主に[[平和]][[外交]]、[[人権]]、[[産業]]構造の転換([[持続可能な開発]])、[[教育]]、[[社会保障]]、[[労働]]、[[食料]]など幅広い[[社会問題]]に関心を持つ左派的な色彩を強め、平和で持続可能で[[社会正義]]のある新しいエコロジー社会をめざす総合的な政治理念となった。この思想は[[グローバルグリーンズ憲章]]にうたわれている。
[[国家]]との関係においては営利企業の自由を最優先する[[新自由主義]]的改革(およびその[[グローバル化]])、[[国家主義]]、軍事・治安国家化には批判的であり、る。この点で「もう一つの世界は可能だ」を合言葉に[[世界社会フォーラム]]を開催する[[アルテルモンディアリスム]]とも密接に結びついている。
 
「新しい社会運動」が主な源流になっていることもあって、みどりの政治は既存の[[左派]]・[[右派]]の軸で分類されることには消極的な場合が多いが、[[新左翼]]や[[アナキスト]]からの参加者があったこともあり、ふつう[[中道左派]]から[[左翼]]の一形態として捉えられる。ただし、みどりの政治のもう一つの流れとして、[[緑の保守主義]]というものもある。ドイツ緑の党は初期には保守派を多く含んでいた経緯もあり、保守思想に依拠するみどりの政治環境保護運動の源流は、ナチス・ドイツ以前にさかのぼる。
[[国家]]との関係においては営利企業の自由を最優先する[[新自由主義]]的改革(およびその[[グローバル化]])、[[国家主義]]、軍事・治安国家化には批判的であり、この点で「もう一つの世界は可能だ」を合言葉に[[世界社会フォーラム]]を開催する[[アルテルモンディアリスム]]とも密接に結びついている。
 
みどりの政治支持者には、[[現代]][[文明]]批判・脱物質主義や[[サブカルチャー]]への関心、エコロジー・先住民保護などの文脈から例えば[[代替医療]]や[[スピリチュアリティ]]といったものへの関心が強い人々を多く含んでいる(いわゆる「スピリチュアル・グリーン」に批判的なみどりの政治支持者もいるが)こともあって、[[無神論]]的・近代[[合理主義]]的な[[共産主義]](特に[[マルクス主義]])とは国家論や民主主義論などにおいて、ふつう一線を画するものと考えられている。また、みどりの政治は[[社会民主主義]]と関心が一致する場合が多く、しばしば連立政権を組むが、みどりの政治は国家との関係においては[[軍事]]や[[国家主義]]に否定的傾向があり、[[反戦]]的な傾向がある。このため国家の介入による公平を重視し、軍事力には必ずしも否定的ではない社会民主主義政党とは安全保障をめぐって対立する場合がある。
「新しい社会運動」が主な源流にとなっていることもあって、みどりの政治は既存の[[左派]]・[[右派]]の軸で分類されることには消極的な場合が多いが、[[新左翼]]や[[アナキスト]]からの参加者があったこともあり、ふつう[[中道左派]]から[[左翼]]の一形態として捉えられる。ただし、みどりの政治のもう一つの流れとして、[[緑の保守主義]]というものもある。ドイツ緑の党は初期には保守派を多く含んでいた経緯もあり、保守思想に依拠するみどりの政治の源流は、ナチス・ドイツ以前にさかのぼる。
 
みどりの政治支持者には、[[現代]][[文明]]批判・脱物質主義や[[サブカルチャー]]への関心、エコロジー・先住民保護などの文脈から例えば[[代替医療]]や[[スピリチュアリティ]]といったものへの関心が強い人々を多く含んでいる(いわゆる「スピリチュアル・グリーン」に批判的なみどりの政治支持者もいるが)こともあって、[[無神論]]的・近代[[合理主義]]的な[[共産主義]](特に[[マルクス主義]])とは国家論や民主主義論などにおいて、ふつう一線を画するものと考えられている。
 
{{Poli-stub}}
匿名利用者