「カメ」の版間の差分

→‎ペット: 翻訳後の編集、及び追記
(→‎人間との関係: Turtle#As_pets3 May 2011, at 22:46(UTC)より、ペットの項へ翻訳。すぐに整理します。お待ちを。)
(→‎ペット: 翻訳後の編集、及び追記)
 
=== ペット ===
[[ファイル:Sheldonbasking.JPG|thumb|right|ホットスポット下でバスキングをしているアカミミガメ]]
ペットとして世界で広く飼育されており、希少種は高額で取引されることも少なくない。[[ワシントン条約]]により[[ウミガメ]]全種とオサガメ、[[ガラパゴスゾウガメ]]、ホウシャガメ、[[ヘサキリクガメ]]、[[メキシコゴファーガメ]]、ホシヤブガメ、[[バタグールガメ]]、[[ハミルトンガメ]]、ミツウネヤマガメ、テクタセタガガメ、ワモンモレニアガメ、[[ヌマハコガメ]]、インドスッポン、[[インドハコスッポン]]、メキシコスッポン、[[クジャクスッポン]]、[[クロスッポン]]、[[クビカシゲガメ]]は野生個体の商取引が禁止されている。
ペットとして世界で広く飼育されており、希少種は高額で取引されることも少なくない。特に小型の陸生カメ類や淡水生カメ類はペットとして飼育されることがある。もっともポピュラーな種は[[ヨツユビリクガメ]]や[[ギリシャリクガメ]]、[[アカミミガメ]]などである<ref name="Alderton">David Alderton (1986). ''An Interpret Guide to Reptiles & Amphibians'', Salamander Books Ltd., London & New York.</ref>。
 
ペットとして世界で広く飼育されており、希少種は高額で取引されることも少なくない。[[ワシントン条約]]により[[ウミガメ]]全種とオサガメ、[[ガラパゴスゾウガメ]]、ホウシャガメ、[[ヘサキリクガメ]]、[[メキシコゴファーガメ]]、ホシヤブガメ、[[バタグールガメ]]、[[ハミルトンガメ]]、ミツウネヤマガメ、テクタセタガガメ、ワモンモレニアガメ、[[ヌマハコガメ]]、インドスッポン、[[インドハコスッポン]]、メキシコスッポン、[[クジャクスッポン]]、[[クロスッポン]]、[[クビカシゲガメ]]は野生個体の商取引が禁止されている。
日本([[本土]]<!--- 一般的な意味での --->)には[[ニホンイシガメ]]が在来種として分布しているほか、18世紀末頃に[[クサガメ]]が<ref name=Kusagame>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30030.html|title=クサガメ|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>、20世紀中頃に[[ミシシッピアカミミガメ]]が移入され分布している<ref name=red-eared-slider>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30050.html|title=ミシシッピアカミミガメ|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>。また、ニホンイシガメとクサガメの交雑種の[[ウンキュウ]]が生じており、遺伝子汚染や生息地や餌の競合が懸念されているが<ref name=Kusagame />、一方でニホンイシガメやクサガメの幼体([[ゼニガメ]])やミシシッピアカミミガメの幼体(ミドリガメ)などがペットとして流通している。日本固有種の保護のため、[[特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律|外来生物法]]により[[カミツキガメ]]が特定外来生物に、アカミミガメ、[[ワニガメ]]などが[[要注意外来生物]]に指定されている<ref name=nies_DB>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/toc3_reptiles.html|title=爬虫類|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>。
 
飼育にあたっては、大きさ(甲長)に対して体重が重いため同じ爬虫類でペット用に主に流通する[[有鱗目 (爬虫類)|有鱗目]]と比べて大型のケージが必要になる。夏場は頻繁に動き回り代謝も高いが、気温、水温が低くなると[[変温動物]]のため体温も低下し、10~12度以下でほぼ冬眠状態となる。陸棲種は活動しやすいよう底面積を重視した大型のケージと体温を維持するためのホットスポットの設置が望ましい。カメは社会性を持たず単独行動を基本とする習性があり、繁殖を目的する場合を除いては個体同士の接触には事故やストレスが発生しないよう注意が必要である。
 
==== 日本 ====
[[ファイル:Sheldonbasking.JPG|thumb|right|ホットスポット下でバスキングをしているアカミミガメ]]
日本([[本土]]<!--- 内部リンク先の、一般的な意味での --->)には[[ニホンイシガメ]]が在来種として分布しているほか、18世紀末頃に[[クサガメ]]が<ref name=Kusagame>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30030.html|title=クサガメ|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>、20世紀中頃に[[ミシシッピアカミミガメ]]が移入ペットとして持ち込まれ、それが遺棄されたものが分布している<ref name=red-eared-slider>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/30050.html|title=ミシシッピアカミミガメ|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>。また、ニホンイシガメとクサガメの交雑種の[[ウンキュウ]]が生じており、遺伝子汚染や生息地や餌の競合が懸念されているが<ref name=Kusagame />、一方でニホンイシガメやクサガメの幼体([[ゼニガメ]])やミシシッピアカミミガメの幼体(ミドリガメ)などがペットとして流通している。日本固有種アカミミガメは爬虫類保護のためペットとしては最も多く輸入[[特定外来生物によ流通してい生態系等に係とみられ、アメリカから年間数十万から百万個体の幼体が輸入されてい被害<ref name=red-eared-slider />。一方アメリカでは4センチメートル以下の幼体の販売は禁に関すされてい法律|外来生物法]]により[[カミツキガメ]]が特定外来生物にほかオーストラリや韓国、南アフリミミガメ、[[ワニガメ]]共和国などでは輸入[[要注意外来生物]]に指定禁止されている<ref name=nies_DB>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/toc3_reptiles.html|title=爬虫類|accessdate=2011red-05eared-17|author=独立行政法人slider 国立環境研究所}}</ref>。
特に小型の陸生カメ類や淡水生カメ類はペットとして飼育されることがある。もっともポピュラーな種は[[ヨツユビリクガメ]]や[[ギリシャリクガメ]]、[[アカミミガメ]]などである<ref name="Alderton">David Alderton (1986). ''An Interpret Guide to Reptiles & Amphibians'', Salamander Books Ltd., London & New York.</ref>。
 
日本固有種の保護のため、[[特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律|外来生物法]]により[[カミツキガメ]]が特定外来生物に、アカミミガメ、[[ワニガメ]]などが[[要注意外来生物]]に指定されている<ref name=nies_DB>{{Cite web|url=http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/toc3_reptiles.html|title=爬虫類|accessdate=2011-05-17|author=独立行政法人 国立環境研究所}}</ref>。
 
==== アメリカ ====
アメリカでは、カメ類との接触によりサルモネラ症を引き起こしやすいために、アメリカ食品医薬品局(FDA)は1975年に4インチ以下のカメ類の販売を禁止する条例を設けた<ref name=CDC>{{Cite web|url=http://www.cdc.gov/healthypets/spotlight_an_turtles.htm|title=Is a turtle the right pet for your family?|accessdate=2011-05-20|author=Centers for Disease Control and Prevention}}</ref>。これにより、アメリカの各州において4センチメートル以下のカメ類を販売することは違法となっている。しかし、多くの店やフリーマーケットでは、教育目的であれば4センチメートル以下のカメ類でも販売できるという、FDAの法の抜け道により販売されている<ref>GCTTS FAQ: ''[http://www.gctts.org/node/31 "4 Inch Law]", actually an FDA regulation''</ref><ref>[http://a257.g.akamaitech.net/7/257/2422/12feb20041500/edocket.access.gpo.gov/cfr_2004/aprqtr/21cfr1240.62.htm Turtles intrastate and interstate requirements; FDA Regulation, Sec. 1240.62, page 678 part d1.]</ref>。
 
1,882

回編集