「ハイビスカス」の版間の差分

編集の要約なし
{{lang|la|'''[[wiktionary:en:hibiscum|hibiscum]]'''}} (ヒビスクム)または {{lang|la|'''hibiscus'''}} (ヒビスクス)は古い[[ラテン語]]で、[[タチアオイ]]の仲間を指す言葉であったとされる<ref>用例: [[大プリニウス]]『[[博物誌]]』では20巻14章(29節)に {{lang|la|hibiscum}} を解説している。原典はここ[http://penelope.uchicago.edu/Thayer/L/Roman/Texts/Pliny_the_Elder/20*.html]で閲覧できる。</ref>。
近代に入り、タチアオイ属と同じ[[アオイ科]]に属する別の仲間=フヨウ属を指す[[学名]]へと転用された。
日本では、なかでもいくつかの種がとくに「'''ハイビスカス'''」として知られ、南国のイメージをまとった植物として広く親しまれていて観賞用としての需要もあ。このため愛知県や徳島県でもハイビスカスは栽培されていて、その栽培量は亜熱帯性の気候の沖縄県よりも多い
 
== 植物名としてのハイビスカス ==
匿名利用者