「レオポルト (ロレーヌ公)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[ファイル:Leopold-Lorraine.jpg|thumb|ロレーヌ公レオポルト]]
[[ファイル:1679_Leopold.jpg|thumb|ロレーヌ公レオポルト]]
'''レオポルト・ヨーゼフ'''(Leopold Joseph, [[1679年]][[9月11日]] [[インスブルック]] - [[1729年]][[3月27日]] [[リュネヴィル]])は、[[ロレーヌ公|ロートリンゲン(ロレーヌ)]][[ロレーヌ公|公]](在位:[[1690年]] - 1729年)。ロレーヌ公[[シャルル5世 (ロレーヌ公)|カール(シャルル)5世]]と[[神聖ローマ皇帝]][[フェルディナント3世 (神聖ローマ皇帝)|フェルディナント3世]]の娘[[エレオノーレ・マリア・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒ|エレオノーレ]]の子。[[フランス語]]名は'''レオポール・ジョゼフ'''(Léopold Joseph)。
 
1697年以前、そして1702年から1714年まで、[[ロレーヌ公国|ロレーヌ]]は[[フランス王国|フランス]]に占領されていた。そのためロレーヌ公家は[[ハプスブルク君主国|オーストリア]]へ亡命しており、レオポルトはオーストリア領内で生まれた。1690年に父が死去するとロレーヌ公位を継ぎ、[[ウィーン]]で軍人となるべく教育を受けた。そして、[[オスマン帝国]]との戦争における[[ティミショアラ]]の包囲戦にたずさわり、また[[ラインラント|ライン]]で[[大同盟戦争]]の最終局面にかかわった。
 
1697年の[[レイスウェイク条約]]で、レオポルトは[[フランス王国|フランス]][[フランス君主一覧|]][[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]からロレーヌを取り戻した。
 
1698年8月17日、レオポルトは公国の首都[[ナンシー]]に入った。同年10月13日、[[フォンテーヌブロー]]で、ルイ14世の弟[[オルレアン公]][[フィリップ1世 (オルレアン公)|オルレアン公フィリップ1世]]の娘[[エリザベート・シャルロット・ドルレアン|エリザベート・シャルロット]]と結婚した。2人の間には13子が生まれた。そのうち成人に達したのは4人である。
*[[フランツ1世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ・シュテファン(フランソワ・エティエンヌ)]](1708年 - 1765年) ロレーヌ公、のち神聖ローマ皇帝、[[トスカーナ大公国|トスカーナ]][[トスカーナの支配者一覧|大公]]
*[[エリザベッタ・テレーザ・ディ・ロレーナ|エリーザベト・テレーゼ(エリザベート・テレーズ)]](1711年 - 1741年) サルデーニャ王[[カルロ・エマヌエーレ3世]]と結婚
*[[カール・アレクサンダー・フォン・ロートリンゲン|カール・アレクサンダー(シャルル・アレクサンドル)]](1712年 - 1780年) オーストリア軍司令官、[[南ネーデルラント|ネーデルラント]]総督
レオポルトの時代にリュネヴィル城が建築され、「ロレーヌの[[ヴェルサイユ宮殿|ヴェルサイユ]]」と呼ばれた。
 
{{先代次代|[[ロレーヌ公|ロレーヌ(ロートリンゲン)]][[ロレーヌ公|公]]<br>[[バル公領|バル公]]|1690年 - 1729年|[[シャルル5世 (ロレーヌ公)|カール5世<br>(シャルル5世)]]|[[フランツ1世 (神聖ローマ皇帝)|フランツ3世シュテファン<br>(フランソワ3世エティエンヌ)]]}}
{{先代次代|[[チェシン公国|テシェン(チェシン)公]]|1722年 - 1729年|[[カール6世 (神聖ローマ皇帝)|皇帝カール6世]]|[[フランツ1世 (神聖ローマ皇帝)|皇帝フランツ1世]]}}
 
匿名利用者