「ヘンタイよいこ新聞」の版間の差分

編集の要約なし
'''ヘンタイよいこ新聞'''(へんたいよいこしんぶん)とは、[[パルコ出版]]発行の[[サブカルチャー]]誌「[[ビックリハウス]]」において、[[1980年]][[11月]]号から[[1982年]][[7月]]号にかけて連載された、読者投稿記事である。のちにパルコ出版から単行本も発売された。編集責任者は、[[糸井重里]]。題字は、[[縦書きと横書き#日本語における縦書きと横書き|右横書き]]であった。略称は「ヘンよい」。
 
==応援者==
単行本化されたときに各界の著名人が、応援の言葉を寄せた。
 
*[[タモリ]]「あの方(糸井)のやってることは全部ナウいとしか思えない」
*[[岸本加世子]]
*[[アラン・ブノア]]「日本人可愛いね」
*[[盛田昭夫]]「君たちが法律だよ」
*[[ビートたけし]]「ヘンタイ新聞?俺のこと出てるんじゃないだろうな」
*[[浅野温子]]「糸井さん、書くのが楽しくないときどうしてんのかな?言葉のプロ、逃げないで」
*[[桃井かおり]]「コピーが命よ」
 
== 概要 ==
155

回編集