「石川県道276号五十里深見線」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Infobox_road
|種別・系統 = [[都道府県道|一般県道]]([[石川県の県道一覧|石川県道]])
|アイコン = {{Ja_Pref_Route_Sign|pref=石川|number=276|width=100}}
|名前 = 石川県道276号五十里深見線
|名前の補足 =
|副名 = 五十里深見線
|副名の補足 =
|地図画像 =
|総距離 = 9.567[[キロメートル|km]](実延長総計)
|陸上距離 = 5.350km(通行可能部分)
|海上距離 =
|制定年 = [[1960年]]([[昭和]]35年)
|開通年 =
|道の方位 =
|接続する主な道路 = [[ファイル:Japanese National Route Sign 0249.svg|24px]][[国道249号]]
}}
'''石川県道276号五十里深見線'''(いしかわけんどう276ごう いかりふかみせん)とは、[[石川県]][[鳳珠郡]][[能登町]]と同県[[輪島市]]にあるとを結ぶ[[都道府県道|一般県道]]([[石川県の県道一覧|石川県道]])である。
 
== 路線概要 ==
 
== 路線状況 ==
起点から柳田側末端部(北河内地区)にかけては、先述の付替道路によって、12車線(21車線)の幅員が確保されている。起点の交差点および沿道に[[路線番号案内標識]]が設置されている。
 
輪島側末端部(一乗地区)から終点にかけては、前述の区間とは対照的に、深見川の谷間に沿った断崖の狭路である。ほぼ全区間両側1車線程度の幅員しかないが、ところどころに[[待避所]]が設けられている。また、終点の国道249号交点部に県道の方向を標す標識(都道府県道番号(118の2-B))が設置されている他は、沿道に路線番号案内標識は設置されていない。
 
== 歴史 ==
* [[1960年]]([[昭和]]35年)10)[[10月15日 ]]:路線認定
* [[2000年]]([[平成]]12年)4)[[4 ]]:北河内ダム建設に伴う付替道路を起工する。
* [[2005年]](平成17年)7)[[7月23日 ]]:上記付替道路が完成する。
 
== 通過する自治体 ==
 
== 参考文献 ==
* 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、[[2010年]]
* 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、[[2009年]]
* 『角川日本地名大辞典』 [[角川書店]]、[[1981年]]
1,564

回編集