「岩倉城 (尾張国)」の版間の差分

編集の要約なし
[[弘治 (日本)|弘治]]2年([[1556年]])、[[稲生の戦い]]で城主[[織田信安]]が、「織田弾正忠家」当主の[[織田信長]]の弟で[[末森城 (尾張国)|末森城]]主[[織田信行]](信勝)に味方したため、信長と対立した。その後、永禄元年([[1558年]])、[[浮野の戦い]]で信安の跡を継いだ嫡男[[織田信賢]]は敗れ、翌[[永禄]]2年([[1559年]])[[3月]]、岩倉城に篭城するも、信長に攻撃されて岩倉城は落城。
 
また一説に、岩倉落城は[[永禄]]元年([[1558年]])とする説もある<ref>[[高澤等]]『新・信長公記』によれば、永禄2年は信長が年初から2月にかけて上洛しており、2~3ヶ月の攻囲の後、3月に落城したとする『[[信長公記]]』と齟齬が生じるとし、[[山内一豊]]の父[[山内盛豊]]の墓碑の年号から[[浮野の戦い]]を[[弘治]]3年([[1557年]])、岩倉落城を[[永禄]]元年([[1558年]])、上洛が[[永禄]]2年([[1559年]])との説を立てている</ref>。
 
現在の本丸跡には「岩倉城址」と「織田伊勢守城址」の碑がある。後者の碑は[[安政]]7年([[1860年]])に建てられたもの。なお二重の堀で囲まれた城だったらしい。
76

回編集