「在日ブラジル人」の版間の差分

 
== 子弟教育 ==
 多くのブラジル人子弟は、苦労しながらも日本の学校に通い日本社会に順応している。しかしながら、一部では彼らが暮らしている近所にある日本の学校や日本国内にある[[ブラジル学校]]に通わない[[不就学]]児がおり、[[社会問題]]となってる場合がある。<ref>* 佐久間孝正『外国人の子どもの不就学 -異文化に開かれた教育とは-』勁草書房、2006年、ISBN 9784326298860</ref>彼ら また日本公立中学校への通学者の中には授業につ子供(幼児)ていけず退学届預かる所(託児所・保育所)は個人宅で個人経営提出ているケースが多い。このような例がマスコミに好んで報道受理されるため多くブラジル人が日本後[[フリーター]]になど社会的不安定な身分になじめないとの間違た印象が普及するてしまうケースがある。日本の学校に順応できたブラジル人子弟これら現在[[社会問題]]りわけ話題にらないので、多数派でありながら知られはいな
 
 彼らの幼い子供(幼児)を預かる所(託児所・保育所)は個人宅で個人経営しているケースが多い。
多くのブラジル人子弟は、苦労しながらも日本の学校に通い日本社会に順応している。しかしながら、一部では彼らが暮らしている近所にある日本の学校や日本国内にある[[ブラジル学校]]に通わない[[不就学]]児がおり、[[社会問題]]となっている場合がある。<ref>* 佐久間孝正『外国人の子どもの不就学 -異文化に開かれた教育とは-』勁草書房、2006年、ISBN 9784326298860</ref>彼らの幼い子供(幼児)を預かる所(託児所・保育所)は個人宅で個人経営しているケースが多い。このような例がマスコミに好んで報道されるため、多くのブラジル人が日本社会になじめないとの間違った印象が普及するケースがある。日本の学校に順応できたブラジル人子弟はとりわけ話題にならないので、多数派でありながら知られてはいない。
 
このような例がマスコミに好んで報道されるため、多くのブラジル人が日本社会になじめないとの間違った印象が普及するケースがある。日本の学校に順応できたブラジル人子弟はとりわけ話題にならないので、多数派でありながら知られてはいない。
 
== その他 ==