「PLUTO」の版間の差分

ブリテン軍の総司令官アンドリュー・ダグラス将軍について、世界最高水準のロボットの一人として第39次中央アジア紛争に参加。その後ユーロ連邦・[[スコットランド]]で隠居生活をする音楽家ポール・ダンカンの執事となる。気難しい主人と心を通わせるうち、[[ピアノ]]を弾きたいという感情が芽生えるが、「敵」との戦闘により死亡。ダンカンの曲を口ずさみながら空中で四散した。
 
形態はマスクを被ったような顔面で、口元だけは人間風。7体中唯一の明確な軍事・戦闘用ロボットであり、全身に様々な兵器を装備している(オリジナルの様に複数の腕を持っており、二本を除くそれぞれの先が武器となっている)。そのため、普段は手として使っている二本以外をマントケープに隠し、全身を覆っている。両脚は無く、足部の[[ジェットエンジン]]によるホバーで移動する。飛行も可能。
; 「地上最大のロボット」版
: スコットランドの古城に住むが、こちらは彼を作った博士の研究所。通常形態の腕6本(普段はボディに収納されている)と、先端が[[ドリル (工具)|ドリル]]や[[ペンチ]]になったやはり6本の腕を持つ。その形態から、本来は作業・工作用のロボットであることは間違い無く、元々は博士が研究の助手として作ったロボットだったと思われる。博士に命令されてプルートゥを捕らえようとするが歯が立たなかった。ちなみに『'''アストロボーイ・鉄腕アトム'''』には未登場だが、やはり彼そっくりな刺客ロボットが登場する。
 
==== ブランド ====
匿名利用者