「代数学賞」の版間の差分

編集の要約なし
m (DEFAULTSORT)
'''代数学賞'''(だいすうがくしょう)は[[日本数学会]][[代数学分科会]]の[[学術]]。毎年1名から2名が授賞する。日本数学会は、広い意味での代数学に発展に著しく貢献した人に授賞事業を行なっている。[[1998年]]創設。受賞者には、賞状と賞金10万円が与えられる。
 
== 受賞者 ==
* [[坂内英一]] (九大数理) : 代数的組合わせ論の研究
* [[吉岡康太]] (神戸大理) : ベクトル束のモジュライの研究
 
=== 2008年度 ===
* [[伊山修]] (名大多元数理) : 高次Auslander–Reiten理論の研究
* [[谷崎俊之]] (阪市大理) : リー代数と量子群の表現の研究
* [[並河良典]] (阪大理) : 3次元Calabi–Yau多様体と正則シンプレクティック幾何
 
=== 2009年度 ===
* [[小木曽啓示]] (慶大経済) : 一般化されたカラービ・ヤウ多様体の研究
* [[雪江明彦]] (東北大理) : 概均質ベクトル空間の数論的・幾何学的研究
 
=== 2010年度 ===
* [[都築暢夫]] (東北大理) : p進コホモロジーとp 進微分方程式の研究
* [[寺尾宏明]] (北大理) : 超平面配置の代数と幾何の研究
 
=== 2011年度 ===
* [[石井志保子]] (東大数理) : 特異点とアーク空間の研究
 
()内の大学名は受賞当時
匿名利用者