「落ち」の版間の差分

枝雀4分類に出典を付す
(枝雀4分類に出典を付す)
 
===桂枝雀による4分類===
[[桂枝雀 (2代目)|桂枝雀]]は笑いは緊張の緩和によって起こるという理論を立て、それと平行して落語の落ちを4種類に分類した。観客がどこで笑いを感じるかに視点を定めて科学的な分類を実現した。<ref>桂枝雀『らくごDE枝雀』[[ちくま文庫]]刊、1993年10月21日発行(90-125ページ)</ref>
 
; ドンデン
; ループオチ
: 物語開始時点と同じ状況で終わり、物語が果てしなく続いていく(繰り返される)印象を与えるオチ。無限ループとも呼ばれる。その特性から、夢オチと併用されることもある。大抵は登場人物や時間軸など冒頭とまったく同じ状況で終わるパターンと、被害者だった主人公が加害者の立場に成り代わる「ミイラ取りがミイラになる」パターン、このどちらかに属する。
 
== 出典 ==
<references/>
 
 
== 関連項目 ==
305

回編集