「李元翼」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''李 元翼'''(り げんよく、[[1547年]](明宗2年) - [[1634年]](仁祖12年))は、[[李氏朝鮮]]の重臣。[[字]]は公励、号は梧里、[[諡号]]は文忠。本貫は全で、[[太宗 (朝鮮王)|太宗]]王子益寧君(李袳)の4代の子孫。父は李億戴
 
1569年(宣祖2年)に科挙に及第して承文院に入り、[[柳成龍]]と知り合う。1573年(宣祖6年)成均典籍に異動し聖節賀正官になり、明への使節である賀使権徳輿に従って明に使いした。その後、礼曹郎、黄海都事を歴任し、1576年(宣祖9年)に[[李珥]]の推薦で正貢となる。1578年(宣祖11年)玉堂に入り、1583年(宣祖16年)承旨となるが、王子師河洛上疏事件により辞任。1587年(宣祖20年)安州牧使となる。更に刑曹参判から1591年(宣祖24年)には大司憲となる。
 
[[太宗 (朝鮮王)|太宗]]の王子益寧君(李袳)の4代の子孫。父は李億戴。
 
1569年(宣祖2年)に科挙に及第して承文院に入り、[[柳成龍]]と知り合う。1573年(宣祖6年)成均典籍に異動し聖節賀正官になり、明への使節である賀使権徳輿に従って明に使いした。その後、礼曹郎、黄海都事を歴任し、1576年(宣祖9年)に[[李珥]]の推薦で正貢となる。1578年(宣祖11年)玉堂に入り、1583年(宣祖16年)承旨となるが、王子師伝河洛上疏事件により辞任。1587年(宣祖20年)安州守となる。更に刑曹参判から1591年(宣祖24年)には大司憲となる。
 
1592年(宣祖25年)に[[文禄・慶長の役]]が起こると吏曹判書と平安道都巡察使を兼ね、先行して敗れたのち定州で兵を募った。正憲を加えられ、観察使となって大同江以西の地を守る。7月には明から来援した[[祖承訓]]が[[小西行長]]の守る平壌城を攻撃し、共にこれを攻めるが敗退した。
1598年(宣祖31年)、[[稷山の戦い]]で日本軍を撃退したと評価した李氏朝鮮は、明軍の経理[[楊鎬]]の功績を本国へ知らせる使節を派遣しようとした。しかし、同じ明の主事の[[丁応泰]]が楊鎬の不正を讒訴する事件が起きており、臨機応変を要求される使者の人選に文官トップの領議政柳成龍をあてる案が浮上した。しかし、これは李氏朝鮮内の派閥抗争であり、北人派である前領議政の[[李山海]]らが敵対派閥を国政から排除するため陰謀であった。この事態に李元翼は自らを使者とすることを申し出て、柳成龍の排撃を防いだ。その後、日本軍の撤退により文禄・慶長の役が終わると李元翼は左議政に任じられ、1604年(宣祖37年)扈聖功臣二等に列せられ完平府院君となる。
 
[[光海君]]の代となり更に領議政となって悪政を正そうとするも洪川へ左遷されたが、[[仁祖反正]]により再び領議政に返り咲いた。引退後は衿陽に隠居して1634年(仁祖12)1月29日に死去。仁祖廟庭に祭られて顕彰されている。