「ココ・B・ウェア」の版間の差分

m編集の要約なし
[[1978年]]、[[ジェリー・ジャレット]](後の[[TNA]]創設者)と[[ジェリー・ローラー]]が主宰するテネシー州[[メンフィス (テネシー州)|メンフィス]]の[[コンチネンタル・レスリング・アソシエーション|CWA]]でデビュー。翌年にはアメリカの専門誌『プロレスリング・イラストレーテッド』のルーキー・オブ・ジ・イヤーに選出されている。以降も[[1980年代]]半ばまでCWAを主戦場に、[[ベビーフェイス (プロレス)|ベビーフェイス]]と[[ヒール (プロレス)|ヒール]]の両方のポジションで活動。ミッドアメリカ・ヘビー級王座を通算6回獲得し<ref name="Mid-America">{{cite web|url=http://www.wrestling-titles.com/us/tn/nwa/midam-h.html#cwa|title=NWA Mid-America Heavyweight Title History|accessdate=2010-04-10|publisher=Wrestling-Titles.com}}</ref>、[[ソニー・キング]]、[[ボビー・イートン]]、[[トミー・リッチ]]、[[オースチン・アイドル]]、[[ジミー・バリアント]]、[[ビル・ダンディー]]らと激闘を繰り広げた。覆面を被り、黒人マスクマンの'''スタッガー・リー'''(''Stagger Lee'')または'''スウィート・ブラウン・シュガー'''(''Sweet Brown Sugar'')に変身したこともある。タッグでは[[ノーベル・オースチン]]との黒人コンビ、'''プリティ・ヤング・シングス'''(''Pretty Young Things''、別名'''PYTエクスプレス''')で活躍、[[NWA (プロレス)|NWA]]圏の[[ダラス]]や[[フロリダ州|フロリダ]]にも遠征し、[[1985年]]2月には[[ジェイ・ヤングブラッド|ジェイ]]と[[マーク・ヤングブラッド|マーク]]のヤングブラッド兄弟からフロリダ地区のUSタッグ王座を奪取した<ref name="CWF US Tag">{{cite web|url=http://www.wrestling-titles.com/us/fl/nwa/fl-us-t.html|title=NWA United States Tag Team Title History|accessdate=2010-04-10|publisher=Wrestling-Titles.com}}</ref>。
 
[[1986年]]に[[WWE|WWF]]と契約。'''バードマン'''(''Birdman'')の[[愛称|ニックネーム]]を与えられ、[[オウム]]の'''フランキー'''(''Frankie'')を帯同して入場するショーマン派のベビーフェイスとして売り出される。[[1987年]]からは[[ブッチ・リード]]との黒人同士の抗争を展開し、3月29日の[[レッスルマニア#第3回大会(1987年)WrestleMania III "Bigger! Better! Badder!"|レッスルマニアIII]]で決着戦が行われるも敗退。以降もヒール勢相手の[[ジョブ (プロレス)#ジョバー|ジョバー]]など、主にミッドカード専門の前座要員となり、タイトルには縁がなかったものの[[1994年]]まで8年間にわたってWWFに在籍した。
 
その間、[[1991年]]1月に当時WWFの日本での提携先だった[[SWS]]に来日。[[1992年]]からは、同じく空中戦を得意としていた[[オーエン・ハート| "ザ・ロケット" オーエン・ハート]]と'''ハイ・エナジー'''(''High Energy'')を結成しタッグ戦線に進出、マネー・インク([[テッド・デビアス]]&[[マイク・ロトンド|IRS]])やヘッドシュリンカーズ([[サムラ・アノアイ|サムー]]&[[ソロファ・ファトゥ|ファトゥ]])と抗争した。また、同時期にWWFとの提携を開始したメンフィスの[[USWA]](CWAの後継団体)にも参戦。ジェリー・ローラーや[[カマラ (プロレスラー)|カマラ]]とタイトルを争った<ref name="USWA">{{cite web|url=http://www.wrestling-titles.com/us/tn/uswa/uswa-uh.html|title=USWA Unified World Heavyweight Title History|accessdate=2010-04-10|publisher=Wrestling-Titles.com}}</ref>。
匿名利用者