「独ソ戦」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[file:Bundesarchiv Bild 101I-141-1258-15, Russland-Mitte, Soldaten der französischen Legion, Fahne.jpg|thumb|ドイツ軍とともにソビエトに進撃したフランス義勇兵(1941年)]]
[[File:Bundesarchiv Bild 101III-Zschaeckel-206-35, Schlacht um Kursk, Panzer VI (Tiger I).jpg|thumb|right|史上最大の戦車戦となった[[クルスクの戦い]]]]
'''独ソ戦'''(どくせん)は、[[第二次世界大戦]]中の[[1941年]]から[[1945年]]にかけて[[ドイツ]]を中心とする[[枢軸国|枢軸各国]]と[[ソビエト連邦]]との間で戦われた[[戦争]]を指す。
 
発端となった当初は[[ポーランド侵攻|ポーランドを共に占領]]し協力関係であると考えられていたドイツとソビエトであったが、1941年6月22日に突如[[ドイツ国防軍]]がソビエト連邦に侵入し、戦争状態となった。当時のソ連は国民を鼓舞するため、[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]に勝利した[[1812年ロシア戦役|祖国戦争]]に擬えて'''[[大祖国戦争]]'''('''{{lang|ru|Великая Отечественная война}}''')と呼称。一方、ドイツ側では主に'''[[東部戦線]]'''と表現される。
 
== 概説 ==
1939年に締結したモロトフ=リッベントロップ協定いわゆる'''[[独ソ不可侵条約]]'''の成立が世界を驚かせたことからもわかるように、それまでの両国は不倶戴天の状態であった。[[ロシア革命|共産主義革命]]を起こしたソ連は[[国際連盟]]に身をおきつつもやはり世界の孤児であり、[[ナチス・ドイツ|ナチス党政権下のドイツ]]は反共の急先鋒であったからである。欧州を巡る混乱の中、反共という包囲網による孤立と疑心暗鬼の中にいたソビエトは、[[イギリス]]・[[フランス]]の煮え切らない態度に対してドイツと手を握ることにした。
 
ドイツがポーランドと戦争を始めるとソ連は、モロトフ=リッベントロップ協定の[[独ソ不可侵条約#秘密議定書|秘密議定書]]に基づき[[緩衝地帯]]の分割を進めた。1939年9月の[[ポーランド侵攻|ポーランド分割]]によって、ドイツとソ連は国境を接することとなった。
 
もとより、信頼しあうわけでもない両列強が国境を接する状況において、もはや開戦は時間の問題となっていった。
 
[[アドルフ・ヒトラー]]はソ連との戦争は時間の問題であり[[ヨシフ・スターリン]]がドイツに対する戦争準備をしていると考えていた。石油資源を欲したドイツにおいては、ルーマニアの油田をソ連の手から防衛するためという理由もあった。また、当時イギリスはソ連と[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の参戦をあてにしていたため、ヒトラーはソ連を倒せばイギリスが講和してくると考えた。
 
ドイツとソ連、そしてイギリス・アメリカという連合軍列強の複雑な思惑の中、ついに両列強は戦火を交えることとなる。
 
[[1941年]][[6月22日]]3時15分、ドイツ軍は作戦名「[[バルバロッサ作戦|バルバロッサ]]」の下にソ連を奇襲攻撃した。イギリス・フランスとの戦争は第一次世界大戦と同じように対ポーランド戦における同盟関係から結果的に始まったものであるが、対ソビエトの戦争はヒトラーにとって、ドイツの[[生存圏]]の拡大という[[ナチス]]の思想上、避けられないものであった。この地政学的な発想とナチスの思想に根付いた人種的優越に基づく争いにより、ドイツとソビエト連邦の二大列強の戦いは第二次世界大戦における他の戦線と異なり、民族の存亡を賭けた壮絶な戦いを繰り広げることとなるのである。フランスからは反共主義者が志願兵としてドイツ軍に加わった。ロシア人の反共主義者は[[ロシア国民解放軍]]や[[ロシア解放軍]]として共産主義者と戦った。
 
開戦当初、ソ連軍が大敗を喫したこともあり歴史的に反ソ感情が強かった[[バルト三国|バルト]]地方や、過酷な共産党の政策から[[ウクライナ]]の住民は、規律正しく教育も高いドイツ陸軍を当初「共産主義ロシアの圧制からの解放軍」と歓迎し、ドイツ軍に志願したり共産主義者を引き渡すなど自ら進んでドイツ軍の支配に協力する住民も現れた。しかし、あくまで[[スラヴ民族]]と[[共産主義]]の完全根絶を目論むドイツの過酷な占領政策は親独的な地域住民の感情をも逆撫し、彼らを抵抗分子の[[赤軍パルチザン|パルチザン]]に変えてしまうものであった<ref> 村田 豊文 第二次大戦とヒトラー あかね書房 1978 </ref> 。やがて攻勢に回る側となった赤軍は、それまでにおこなわれたさまざまな蛮行を目の当たりにし、ドイツ国内に進入すると報復的な殺戮・略奪・暴行を行うこととなる。
 
近代戦という破壊的な兵器の登場の上に、他民族の支配という思想・信条が加えられたこの戦いにおいて、特にソ連側の死者は大規模である。なお、独ソ戦の犠牲者(戦死、戦病死)は、ソ連兵が1128万人である。ドイツ兵が500万人である。民間人の犠牲者をいれるとソ連は2000~3000万人が死亡し、ドイツは約600~1000万人である。ソ連の軍人・民間人の死傷者の総計は第二次世界大戦における全ての交戦国の中で最も多いと言われている。初期のソ連兵の捕虜500万人はほとんど死亡している。戦争終了後のドイツ兵の捕虜300万人うち[[シベリア抑留]]などで死亡したのが100万人である。
 
緩衝地帯の国家が枢軸・連合のどちらかに鞍替えするといった状況の中、東欧からドイツ東部にいたる地域がソビエトの支配領域とることにより戦争は終結する。
 
== 経過 ==
 
=== 1942年 ===
前年の作戦により、ドイツの地上戦力の限界が露見した。生産力の上限から広大な戦線での損害を埋めることも、補給することも困難な状況であることが明確になったのだ。1942年のドイツ軍夏季攻勢は限られた戦力によるものとなり、成功すれば効果的ではあるが非常に危険を伴う作戦であった。南部戦線にて、[[ヴォルガ川]]への到達とコーカサス地方の[[石油]]資源獲得を目的とした[[ブラウ作戦]]が発動される。作戦開始当初は快進撃が続くが、赤軍の撤退速度は早く、前年にあったような包囲殲滅されることもなければ、重火器の放棄もない、赤軍の兵・装備上の損害が伴わないものであった。
 
前年の作戦により、ドイツの地上戦力の限界が露見した。生産力の上限から広大な戦線での損害を埋めることも、補給することも困難な状況であることが明確になったのだ。1942年のドイツ軍夏季攻勢は限られた戦力によるものとなり、成功すれば効果的ではあるが非常に危険を伴う作戦であった。南部戦線にて、[[ヴォルガ川]]への到達とコーカサス地方の[[石油]]資源獲得を目的とした[[ブラウ作戦]]が発動される。作戦開始当初は快進撃が続くが、赤軍の撤退速度は早く、前年にあったような包囲殲滅されることもなければ、重火器の放棄もない、赤軍の兵・装備上の損害が伴わないものであった。
 
赤軍は、攻勢についての戦訓は学んでいなかったが、撤退戦についてはすでに1941年の轍はふまなかったといえよう。
 
ヴォルガ川の要衝の地における[[スターリングラード攻防戦]]において、ドイツ軍は、市街戦での消耗戦に陥る。また、コーカサスを目指した軍集団は、嶮しい山岳地帯とソ連軍の抵抗により、こちらの進撃も行きづまってしまった。冬季が訪れると11月には、再びソ連軍の反撃により枢軸軍33万人がスターリングラードに包囲されてしまった。
匿名利用者