「ジョン・ローブリング」の版間の差分

lk
m (誤記修正、lk)
(lk)
若き日のローブリングは[[フルート]]や[[ピアノ]]を演奏するなど音楽に親しみ、[[ヨハン・ゼバスティアン・バッハ|バッハ]]の楽曲や[[ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ|ゲーテ]]の詩を好んでいた。同様に絵画にも芸術的な才があった。9歳の時、ローブリングは模型の橋を作ったが、これは後年のブルックリン橋と同じ形態のものであった。
 
ローブリングが[[ミュールハウゼン]]で育った時期というのは、上級生たちが制服に身を包み、[[マスケット銃]]を肩に掛け、[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]の軍隊に立ち向かっていった時期であった。そこには、いまでも彼が設計した橋が残っているほか、ミュールハウゼンの[[ゴシック建築]]は、ローブリングの美的感覚や建築は永続的であるべしとする感覚を養った<ref>[[デビッド・シュタインマン]](1950)の言。</ref>。
 
== 学問的裏付け ==