「ピッキング行為」の版間の差分

→‎対策: 無出典かつ過剰な記述と思われるため一部除去
(→‎対策: 無出典かつ過剰な記述と思われるため一部除去)
 
なおピッキング対策を講じても、手口の異なる[[サムターン回し]]・[[カム送り解錠]]での侵入を防ぐ事はできないため、それらへの対応も同時に行う事が勧められる。
 
またピッキング作業中は明らかに「不審な行動」であるため、心理的に周囲から見られにくい場所に被害が集中する傾向が見られる。このため被害を受けやすい玄関や勝手口などには日没後は明るい[[照明]]を付け、また塀を低くするなどして往来からそれらのドアが見えやすいようにする事で、この被害に遭う危険性が下げられることが指摘されている。[[監視カメラ]]の設置なども、ピッキング犯が避ける要素であるとされている。
 
== 脚注 ==
22,078

回編集