「廃藩置県」の版間の差分

** 元館林県管轄の河内国八上郡・丹南郡・丹北郡、元壬生県管轄の大和国葛下郡、元佐野県管轄の近江国滋賀郡、元吹上県管轄の伊勢国三重郡・河曲郡・多芸郡の飛地領も当面の間は管轄。
** 群馬県(元前橋県)管轄の上野国邑楽郡・新田郡・山田郡、同下野国安蘇郡・足利郡、同(元岩鼻県)管轄の上野国新田郡・山田郡、秋田県管轄の下野国那賀郡、額田県(元西端県)管轄の上野国邑楽郡・新田郡、同下野国安蘇郡、同(元半原県)管轄の上野国新田郡、彦根県管轄の下野国安蘇郡、高富県管轄の下野国足利郡、丹南県管轄の下野国足利郡の飛地領を編入。
* '''[[入間県]]''' - [[武蔵国]]のうち、[[横見郡]]・[[入間郡]]・[[秩父郡]]・[[男衾郡]]・[[大里郡]]・[[榛沢郡]]・[[賀美郡]]・[[幡羅郡]]・[[比企郡]]・[[新座郡]]・[[那珂郡 (武蔵国)|那賀郡]]・[[児玉郡]]・[[高麗郡]]・[[多摩郡]](一部)
** 太政官布告では多摩郡を入間県と東京府に分けて管轄するものとしているが、東多摩郡(後の豊多摩郡の一部)が東京府の管轄となり、残りの区域(後の西多摩郡・南多摩郡・北多摩郡)は翌年に入間県から[[神奈川県]]の管轄となった。
** 元川越県管轄の近江国甲賀郡・蒲生郡・野洲郡・高島郡の飛地領も当面の間は管轄。
==== 近畿および隣接各府県 ====
明治4年11月22日(1872年1月2日)布告<ref>「法令全書」通番 明治4年太政官布告 第614</ref>。
* '''[[和歌山県]]''' - [[紀伊国]]のうち、[[伊都郡]]・[[那賀郡 (和歌山県)|那賀郡]]・[[海部郡 (和歌山県)|海部郡]]・[[有田郡]]・[[日高郡 (和歌山県)|日高郡]]・[[牟婁郡]](一部)
* '''[[長浜県]]''' - [[近江国]]のうち、[[神崎郡 (滋賀県)|神崎郡]]・[[愛知郡 (滋賀県)|愛知郡]]・[[犬上郡]]・[[坂田郡]]・[[浅井郡]]・[[伊香郡]]
* '''[[大津県]]''' - 近江国のうち、[[高島郡]]・[[滋賀郡]]・栗田郡([[栗太郡]])・[[野洲郡]]・[[甲賀郡]]・[[蒲生郡]]
匿名利用者