「社会ファシズム論」の版間の差分

編集の要約なし
'''社会ファシズム論'''(しゃかいファシズムろん、'''Sozialfaschismusthese''')とは、1920年代後半から1930年代前半に、[[ヨシフ・スターリン]]、[[コミンテルン]]の支持で各国の[[共産党]]が主張していた、[[社会民主主義]]と[[ファシズム]]を同一視し、ファシズム勢力より社会民主主義勢力への敵対と打倒を優先させようとする主張および運動方針(「'''社会民主主義主要打撃論'''」とも言われる)。ナチス(NSDAP)伸張期の[[ヴァイマル共和政|ヴァイマル共和国]]時代の[[ドイツ共産党]]の実践によって顕著であった。NSDAPがドイツの政権を獲得し、ドイツ共産党が非合法においこまれたことから、この方針への反省がおこなわれ、1935年のコミンテルン第7回大会によって自己批判の対象となった。
 
==概要==
匿名利用者