「創世記」の版間の差分

Template:Rtl翻字併記
(Template:Rtl翻字併記)
{{旧約聖書}}
[[ファイル:Michelangelo Buonarroti 018.jpg|right|200px|thumb|光と闇の分離]]
『'''創世記'''』(そうせいき、{{lang-Rtl翻字併記|he|בראשית}}、{{lang-el|Γένεσις|ギリシア文字転写|Grek|ギリシア文字}} ゲネシス、{{lang-en-short|Genesis}})は、[[古代ヘブライ語]]による[[ユダヤ教]]、[[キリスト教]]の聖典で、[[イスラム教]]の[[啓典]]である[[聖書]]、[[旧約聖書]][[正典]]のひとつ。現在は[[写本]]のみが残っている。著者は伝統的に[[モーセ]]とされてきた。「創世紀」とする[[誤記]]に注意。
 
いわゆる[[モーセ五書]]は、[[ユダヤ教]]においては[[トーラー]]と呼ばれている。創世記はヘブライ語では冒頭の言葉をとって {{rtl-lang|he|בראשית}}(ベレシート(בראשית)」( ヘブライ語で「はじめに」という意味)と呼ばれており、ギリシャ語名の「ゲネシス」は「誕生、創生、原因、開始、始まり、根源」の意である。
 
== 主な内容 ==
23,656

回編集