「サーバートン」の版間の差分

cl,+cat〈Category:種牡馬〉 using AWB
m
(cl,+cat〈Category:種牡馬〉 using AWB)
|金 = 116,857[[アメリカ合衆国ドル|ドル]]
}}
'''サーバートン'''(''{{lang|en|Sir Barton}}''、[[1916年]] - [[1937年]])は、[[1918年]]から[[1920年]]にかけて活躍した[[アメリカ合衆国]]の[[競走馬]]である。[[1919年]]に史上初の現行[[アメリカクラシック三冠]]を達成した。
 
== 戦績 ==
サーバートンは[[1916年]]に[[ケンタッキー州]]で生まれる。そこそこの良血馬で、父がアメリカ[[リーディングサイアー]]5回を獲得したスターシュート、母がレディースターリングであった。生産者であるマッデンとグーチはこの仔馬を1918年に[[カナダ]]人のビジネスマン、ジョン・ケネス・ラソン・ロスに1万ドルで販売している。そしてH.G.ベドウェルに[[調教]]を受けることになった。
 
デビュー戦は2歳の6月に出走したトレモントステークスで、ここを6着に敗退した。以後も惨敗続きで、[[フューチュリティステークス (アメリカ合衆国)|フューチュリティステークス]]で2着に入ったのが唯一の好走であり、それ以外はすべて[[着差 (競馬)|大差]]で負けるという芳しくないものであった。
 
しかし、翌年サーバートンは[[ケンタッキーダービー]]に出走し2番人気にされた。もっとも、これは僚馬ビリーケリーが注目されていたからであり(欧米では馬主単位で[[投票券 (公営競技)|馬券]]が発行されるため、ビリーケリーとサーバートンで1つの馬券になる)、サーバートンはビリーケリーの[[ペースメーカー]]に過ぎなかった。だが、結果はサーバートンがビリーケリーを5馬身差突き放し圧勝してしまった。ケンタッキーダービーがサーバートンの初勝利である。そして4日後に[[プリークネスステークス]]を4馬身差で連勝、さらに[[ベルモントステークス]]にも5馬身差で楽勝、史上初の現アメリカ三冠を達成した(ただしこのころのアメリカは三冠体系が整っていなかったため、サーバートンが三冠馬と呼ばれるようになったのはもっと後になってからである)。この年米年度代表馬に選出されている。
 
サーバートンは4歳になっても活躍し、サラトガハンデキャップではレコードで[[エクスターミネーター]]を破っている。だが、ケニルワースパークゴールドカップ([[マンノウォー]]との[[マッチレース]])でマンノウォーの前に敗れてしまった。このため現在サーバートンが最強馬と呼ばれることは皆無である。レースはマンノウォーが先行し、その1馬身後方をサーバートンが追いかける展開、だがその差は縮まることはなくマンノウォーが7馬身差でゴールした。サーバートンにとっては完敗であった。
 
その後3戦したが、3・3・2着と勝てずに引退した。
=== 年度別競走成績 ===
;1918年(6戦0勝)
 
;1919年(13戦8勝)
*: [[ケンタッキーダービー]]、[[プリークネスステークス]]、[[ベルモントステークス]]、ウィザーズステークス
 
;1920年(12戦5勝)
*: サラトガハンデキャップ、ドミニオンハンデキャップ、マーチャンツ&シッツハンデキャップ
 
== 引退後 ==
|name = サーバートン
|inf = ([[エクリプス系#バードキャッチャー傍系|アイソノミー系]]/Sterling4×3=18.75% Vandal5×5=6.25%(母内))
|f = [[スターシュート|Star Shoot]]<br />1898年  栗毛
|m = Lady Sterling<br />1899年  栗毛
|ff = [[アイシングラス (競走馬)|Isinglass]]<br />1890年  鹿毛
|fm = Astrology<br />1887年  栗毛
|mf = [[ハノーヴァー (競走馬)|Hanover]]<br />1884年  栗毛
|mm = Aquila<br />1891年
|fff = [[アイソノミー|Isonomy]]
[[Category:アメリカ合衆国調教の競走馬]]
[[Category:競馬殿堂]]
[[Category:種牡馬]]
 
[[en:Sir Barton]]
15,163

回編集