「ケビン・ファーティグ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{Infobox プロレスラー
| 名前 = ケビン・ソーン
| 画像 = Vimpire4Kevinthorncropped.jpg
| 画像サイズ = 210px
| 画像説明 =
| リングネーム = セブン<br />モルデカイ<br />'''ケビン・ソーン'''
 
=== WWE復帰、そして ===
[[ファイル:Vimpire4.jpg|thumb|200px|2006年(右は[[マネージャー (プロレス)|マネージャー]]のアリエル)]]
2006年、WWEに復帰。[[タロット]]占い師[[シェリー・マルティネス|アリエル]]を随えた[[吸血鬼]]、'''ケビン・ソーン'''('''Kevin Thorn''')として[[ECW#ECW-WWE|ECW]]に登場する。デビュー戦は7月25日の[[ジェームズ・マリタート|リトル・グイドー]]戦。モルデカイ時と同様、クルシフィクションで圧勝している。
 
大柄な体格な上に、散々予告を焦らしながらの再デビューだったので、トップのシリアス[[ヒール (プロレス)|ヒール]]として活躍をすると思われていたが、[[ジョブ (プロレス)#ジョバー|ジョバー]]の立ち回りが非常に多く、[[ブーイング]]すらまともに受けていないほどであった。
 
その後、[[ボールズ・マホーニー]]との抗争を経て、[[ニュー・ブリード]]の一員として[[ECWオリジナルズ]]と抗争。その後ニュー・ブリードから脱退した。
 
[[2007年]]5月には、マネージャーのアリエル(シェリー・マルティネス)が解雇され、単独で行動することになる。その後シングル戦で勝ち続けるも目立てず、7月から[[マイケル・マナ|スティーブン・リチャーズ]]との抗争を開始した。しかし、その抗争も尻切れトンボに終わってしまう。
 
12月頃からギミックチェンジし、普通のパワーファイターとして行動するが人気が出ず、すぐさま2軍に当たる[[FCW (プロレス)|FCW]]に降格。その後も一軍復帰を果たせぬまま、[[2009年]]1月にWWEから二度目の解雇となった。
: 場外のアリエルからステッキを受け取る。アリエルがセクシーポーズや奇声を発するなどして観客・審判の目をそらし、その間に攻撃する。あっさり試合が決まる場合も多い。現在ではアリエルが解雇されてしまったので使用出来ない。
 
== 獲得タイトル ==
* '''MCW'''
: MCW南部ヘビー級王座:1回
: メンフィス・レスリング南部ヘビー級王座:1回
* '''OVW'''
: OVW南部タッグチーム王座:1回(&(w / トラヴィス・ベイン)
 
== その他 ==
* [[2007年]][[ロイヤルランブル]]に初参戦、21番目の入場を果たす(脱落させた選手は0人、自身は[[クリス・ベノワ]]に脱落させられた)。ちなみに入場時の観客の反応の無さは30人中一番であった。
* [[2008年]]のロイヤルランブルには参加できなかった。
* タバコは吸わないが、お酒は飲むらしい。
* OVW関係者の話によると'''あまりレスリングの練習をしていなかった'''とのこと。
 
1,708

回編集