メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''半月'''(はんつき・はんげつは、1か[[月 (暦)|月]]の半分の期間のことである。1月をほぼ2等分したいずれか、あるいは、それに等しい期間を表す
 
==太陽暦の半月==
1か月の期間は、[[グレゴリオ暦]]においては30[[日]]か31日([[2月]]のみ28日か29日)、[[太陰太陽暦]]においては29日か30日と月によって異なり、半月の期間も14~15.5日と変わることになる。実際には、例えば「1日と15日」「5日と20日」など、15日程度の間をあけた日付を決めて月に2度行うことを「半月に1度」と称することが多い。半月に1度発刊される雑誌は「月二刊」と呼ばれる。
[[グレゴリオ暦]]での暦月(暦上の1か月)の長さは、月によって28~31[[日]]と異なるので、半月の長さも14~15.5日と変わる。
 
平均すれば、1年の長さの平均である365.2425日の{{分数|1|24}}に等しく、15.2184375日である。またこれは2.1740625[[週間]]にも等しい。
== 2週間 ==
半月に近い期間に「2週間」(=14日間)がある。英語の'''フォートナイト'''(fortnight)など、いくつかの言語では「2週間」を1語で言い表す言葉がある。
 
実際には、月の日数に関わらず1日から15日までを月の前半、16日から月末までを後半とすることが多い([[旬]]が10日・20日・月末までなのに似る)。この場合の半月は13~16日となり、平年の[[2月]]の後半が最も短く13日、大の月の後半が最も長く16日である。
fortnightという語は、[[古英語]]で14夜(fourteen nights)を意味する''feorwertyne niht''に由来する。<ref>The Concise Oxford Dictionary, 5th Edition, 1964, p. 480</ref><ref>7日間(1週間)を意味する''Senight'', ''sennight'', ''se'night''(seven-nightの意味の語に由来)という言葉が、19世紀初頭まで使用されていた。</ref> フォートナイトは、イギリスや、[[インド]]・[[ニュージーランド]]・[[オーストラリア]]などの英連邦諸国では広く用いられている。賃金や社会保障制度による給付金は、フォートナイトを基準として支払われる。<ref>{{cite web |url=http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/payments/pay_how_dsp.htm |title=Australian Government - How much Disability Support Pension do I get? |accessdate=2008-05-22 |format= |work= }}</ref>[[アメリカ合衆国]]ではまれに用いられ、[[カナダ]]では一部地域で用いられる。
 
[[24節気]]は1[[太陽年]]を24分しているため、間隔は(季節によりやや変動するが)ほぼ半月である。
[[スペイン語]]・[[イタリア語]]・[[フランス語]]・[[ポルトガル語]]にはそれぞれ''quincena''(または''quince días'')・''quindicina''・''quinzaine''・''quinzena''という言葉があり、それは「15日間」を意味する。同様に、[[ギリシア語]]の''dekapenthimero''も15日間の意味である。[[アラビア語]]では短い言葉の"أسبوعان"
(二週間)が広く使われ、長い言葉になる"خمسة عشر يوماً"(十五日間)はあまり用いられない。[[ヘブライ語]]では、"שבועיים"(二週間)が広く使われている。[[ヒンドゥー暦]]では[[サンスクリット語]]で「[[太陰暦]]の1か月の半分」を意味する"paksha"という言葉が使われており、それは14日間と15日間の間の日数になる。[[ウェールズ語]]では「15夜(fifteen nights)」を意味する''pythefnos''という言葉がある。これは、1週間のことを「8夜(eight nights)」を意味する''wythnos''と呼ぶのに対応している。
 
===半月に1回の予定===
[[日本語]]にも、「2週間」を1語で言い表す言葉はない。「2週間に一度」(英語の''fortnightly''や''bi-weekly''に対応)であることを意味する「隔週」という言葉はあるが、これは「2週間」という期間を表すものではない。
実際に半月に1回の予定を組むには、15日程度の間をあけた2つの日付、例えば「(毎月)1日と15日」「5日と20日」などを決めることが多い。この日付が n 日間隔(翌日を1日間隔とする)の場合、実際の間隔は n 日か (28 - n) ~ (31 - n) 日である。
 
「第1・第3○[[曜日]]」または「第2・第4○曜日」の形もある。この場合の間隔は14日か21日(2週間か3週間)である。
 
半月に1度発刊される[[定期刊行物]]は「月2刊」「月2回刊」と呼ばれる。
 
==太陰暦の半月==
[[太陰暦]]・[[太陰太陽暦]]では[[朔望月]]、つまり[[朔]]から次の朔までを1月とするが、朔から望([[満月]])までと望から次の朔までをそれぞれ単位とすることもあった。これが半月となる。
 
その長さは[[朔望月]]の半分で、平均すれば平均朔望月の半分の約14.765日である。
 
暦月で考える場合、ひと月は29~30日なのでその半分は14.5~15日となるが、やはり1日~15日と16日~末日で区切ることが多く、長さは14日か15日となる。約23%が14日、約77%が15日である。
 
===パクシャ===
[[ヒンドゥー暦]]の旧暦([[太陰太陽暦]])では、[[サンスクリット語]]で「[[太陰暦]]の1か月の半分」を意味する {{lang|sa|पक्ष}} ([[パクシャ]]、''{{interlang|en|paksha}}'') が使われる。
 
[[朔]]から[[満月|望]]まで・望から朔までがそれぞれ {{en|shukla paksha}}(白分)・{{en|krishna paksh}}(黒分)と呼ばれる。
 
パクシャの長さは約14.765日で、これが15[[ティティ]]に分けられる(等分または、[[月相]]{{分数|14/15}}ごとに分ける)。実際の暦上では15のティティは日に割り振られるので、パクシャの長さは14日か15日になる。14日しかない場合、あるティティに充てられる日がない「欠日」が起こっている。
 
==月とは無関係な似た長さ==
いくつかの言語では半月に似た長さに固有の呼称がある。これらは現在では月とは無関係に長さのみを表すが、太陰暦の半月に由来するとの説もある。
 
=== 2週間(14日) ===
半月に近い期間に「2週間」(=14日間)がある。[[英語]]の'''フォートナイト''' ({{en|fortnight}}) など、いくつかの言語では「2週間」を1語で言い表す言葉がある。
 
{{en|fortnight}} という語は、[[古英語]]で14夜 ({{en|fourteen nights}}) を意味する ''{{en|feorwertyne niht}}'' に由来する<ref>The Concise Oxford Dictionary, 5th Edition, 1964, p. 480</ref><ref>7日間(1週間)を意味する''{{en|senight}}'', ''{{en|sennight}}'', ''{{en|se’night}}''({{en|seven-night}} の意味の語に由来)という言葉が、19世紀初頭まで使用されていた。</ref>。
 
fortnightという語は、[[古英語]]で14夜(fourteen nights)を意味する''feorwertyne niht''に由来する。<ref>The Concise Oxford Dictionary, 5th Edition, 1964, p. 480</ref><ref>7日間(1週間)を意味する''Senight'', ''sennight'', ''se'night''(seven-nightの意味の語に由来)という言葉が、19世紀初頭まで使用されていた。</ref> フォートナイトは、[[イギリス]]や、[[インド]]・[[ニュージーランド]]・[[オーストラリア]]などの[[英連邦]]諸国では広く用いられている。賃金や社会保障制度による給付金は、フォートナイトを基準として支払われる<ref>{{cite web |url=http://www.centrelink.gov.au/internet/internet.nsf/payments/pay_how_dsp.htm |title=Australian Government - How much Disability Support Pension do I get? |accessdate=2008-05-22 |format= |work= }}</ref>[[アメリカ合衆国]]ではまれに用いられ、[[カナダ]]では一部地域で用いられる。
 
[[アラビア語]]では {{lang|ar|أسبوعان}} (''{{en|asbw'ean}}'')、[[ヘブライ語]]では、{{lang|he|שבועיים}} (''{{en|shbv'eyym}}'') が広く使われている。
 
[[日本語]]に、「2週間」を1語で言い表す言葉はない。「2週間に1度」(英語の'' {{en|fortnightly''}} '' {{en|bi-weekly''に対応}}であることを意味する「隔週」という言葉はあるが、これは「2週間」という期間を表すものではない。
 
=== 15日 ===
[[スペイン語]]の {{es|quincena}}(または {{es|quince días}})・[[イタリア語]]の {{it|quindicina}}・[[フランス語]]の {{fr|quinzaine}}・[[ポルトガル語]]の {{pt|quinzena}} は「15日間」を意味する。[[ラテン語]]で「15」を意味する {{la|quindecim}} との関係が見て取れる。
 
[[ギリシア語]]の {{el|δεκαπενθημερο}} (''{{la|dekapenthimero}}'') も「15日間」を意味する。
 
[[アラビア語]]では {{lang|ar|خمسة عشر يوماً}} (''{{en|khmsh 'eshr ywmaan}}'') だが、2週間を意味する語より長く、あまり用いられない。
 
[[ウェールズ語]]では「15夜 ({{en|fifteen nights}})」を意味する {{lang|cy|pythefnos}} がある。これは、1週間のことを「8夜 ({{en|eight nights}})」を意味する {{lang|cy|wythnos}} と呼ぶのに対応している。
 
== 脚注 ==
7,055

回編集