「カルロス2世 (スペイン王)」の版間の差分

{{君主}}
({{君主}})
{{Redirect|カルロス2世|ナバラ王カルロス2世|カルロス2世 (ナバラ王)}}
{{基礎情報 君主
[[ファイル:Juan Carreno de Miranda 023.jpg|thumb|カルロス2世]]
| 人名 = カルロス2世
'''カルロス2世'''('''Carlos II''', [[1661年]][[11月6日]] - [[1700年]][[11月1日]])は、[[スペイン・ハプスブルク朝|スペイン・アブスブルゴ(ハプスブルク)家]]最後の国王(在位:[[1665年]] - 1700年)。[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]と[[マリアナ・デ・アウストリア|マリアナ]]王妃の息子である。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]妃[[マリー・テレーズ・ドートリッシュ|マリア・テレサ]]は異母姉、[[神聖ローマ皇帝]][[レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト1世]]の最初の皇后[[マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ|マルガリータ・テレサ]]は同母姉に当たる。異母兄は[[オニャテ伯]]・宰相の[[フアン・ホセ・デ・アウストリア]]。
| 各国語表記 = Carlos II
| 君主号 = スペイン王
| 画像 = Carlos II; Koning van Spanje.jpg
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 在位 = [[1665年]][[9月17日]] - [[1700年]][[11月1日]]
| 戴冠日 =
| 別号 = [[ナポリとシチリアの君主一覧|ナポリ王・シチリア王]]
| 全名 =
| 出生日 = [[1661年]][[11月6日]]
| 生地 = {{ESP}}、[[マドリ-ド王宮]]{{enlink|Royal Alcazar of Madrid}}
| 死亡日 = {{死亡年月日と没年齢|1665|9|17|1700|11|1}}
| 没地 = {{ESP}}、[[エル・エスコリアル]]
| 埋葬日 = エル・エスコリアル
| 埋葬地 =
| 継承者 =
| 継承形式 =
| 配偶者1 = [[マリー・ルイーズ・ドルレアン|マリア・ルイサ・デ・オルレアン]] (1679 - 1689)
| 配偶者2 = [[マリア・アンナ・フォン・プファルツ=ノイブルク|マリア・アナ・デル・パラティナド=ニオブルゴ]] (1689 - 1700)
| 配偶者3 =
| 配偶者4 =
| 配偶者5 =
| 配偶者6 =
| 配偶者7 =
| 配偶者8 =
| 配偶者9 =
| 配偶者10 =
| 子女 =
| 王家 = [[ハプスブルク家|アブスブルゴ家]]
| 王朝 = [[スペイン・ハプスブルク朝|アブスブルゴ朝]]
| 王室歌 =
| 父親 = [[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]
| 母親 = [[マリアナ・デ・アウストリア]]
| 宗教 =
| サイン =
}}
 
'''カルロス2世'''('''Carlos II''', [[1661年]][[11月6日]] - [[1700年]][[11月1日]])は、[[スペイン・ハプスブルク朝|スペイン・アブスブルゴ(ハプスブルク)家]]最後の[[スペイン]]国王(在位:[[1665年]] - 1700年)。[[フェリペ4世 (スペイン王)|フェリペ4世]]と[[マリアナ・デ・アウストリア|マリアナ]]王妃の息子である。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ14世 (フランス王)|ルイ14世]]妃[[マリー・テレーズ・ドートリッシュ|マリア・テレサ]]は異母姉、[[神聖ローマ皇帝]][[レオポルト1世 (神聖ローマ皇帝)|レオポルト1世]]の最初の皇后[[マルガリータ・テレサ・デ・エスパーニャ|マルガリータ・テレサ]]は同母姉に当たる。異母兄は[[オニャテ伯]]・宰相の[[フアン・ホセ・デ・アウストリア]]。
 
== 生涯 ==
当時のスペイン経済は停滞しており、土地も痩せていたために飢饉もあった。スペインの地方領主の力も非常に弱くなっていた。カルロス2世の不適当なスペイン支配はしばしば諸外国(特に[[フランス王国|フランス]])に影響した。
 
カルロス2世の母マリアナが長い間摂政を行ったが、マリアナが追放されると異母兄のオニャテ伯フアン・デ・アウストリア([[1677年]]から[[1679年]]まで宰相を務めた)が実権を握った。1679年にはマリアナが宮廷に戻り、再び摂政となった。[[ガスパール・デ・グスマン|オリバーレス公伯爵]]の権力が大きくなると、スペインの国力は次第に衰弱していった。[[1668年]]にポルトガルが北アフリカの飛び地([[セウタ]])をスペインに割譲したが、それはかつて60年以上ハプスブルク家の支配が続いたポルトガルにとっては小さな出来事であった。[[スペイン異端審問]]では[[1680年]]に160人が宗教裁判所で裁かれ、21人が火刑されている。カルロス2世の数少ない政治活動として、スペインの宗教裁判所を調べ、調査のためにJunta Magna(大きな会議)を作ったとされている。しかし、[[フェリペ5世 (スペイン王)|フェリペ5世]]が王位に就いた際に記録を差し出すよう要求したにもかかわらず、記録は何故か見つからなかった。
 
=== 結婚・一族 ===
18,606

回編集