「社会ファシズム論」の版間の差分

は~い(ー_ー)わかりました。どうりで何度も消されたわけだ・・・
(各用語の使用例の出典を追加)
(は~い(ー_ー)わかりました。どうりで何度も消されたわけだ・・・)
{{共産主義のサイドバー}}
'''社会ファシズム'''(しゃかいファシズム、{{lang-de|Sozialfaschismusthese}}、{{lang-en|social fascism}})<ref>例:大辞林、大辞泉など</ref>は、[[社会民主主義]]を[[ファシズム]]と同一であるとする見解による用語で、ファシズム勢力より社会民主主義勢力への敵対と打倒を優先すべきとする。その主張および運動方針は、'''社会ファシズム論'''<ref>例:日本大百科全書など</ref>または'''社会民主主義主要打撃論'''とも言われる。
 
1920年代後半から1930年代前半に、[[ヨシフ・スターリン]]、[[コミンテルン]]の支持で各国の[[共産党]]が主張し、特に[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチス(NSDAP)]]伸張期の[[ヴァイマル共和政|ヴァイマル共和国]]時代の[[ドイツ共産党]]の実践によって顕著であった。しかし結果的にはNSDAPがドイツの政権を獲得し、ドイツ共産党が非合法に追い込まれたため、この方針への反省がおこなわれ、1935年のコミンテルン第7回大会によって[[自己批判]]の対象となった。
匿名利用者