メインメニューを開く

差分

解釈によっては南海フェリーも鉄道連絡船とされることがあるのでこれは書かないほうがいいでしょう
'''宮島連絡船'''(みやじまれんらくせん)は、[[西日本旅客鉄道|JR]](JR西日本]]の子会社である[[JR西日本宮島フェリー]]が運営する、[[広島県]][[廿日市市]]の[[宮島口駅]]と同市[[厳島]]の[[宮島駅]]間の[[宮島航路]]を運航する[[鉄道連絡船]]である。路線名は'''宮島航路'''。日本唯一の鉄道連絡船でもある
 
== 概要 ==
かつては[[日本国有鉄道]](国鉄)が、[[1987年]]の[[国鉄分割民営化]]後は[[西日本旅客鉄道]](JRJR西日本が運航していた。JR西日本は[[2009年]][[2月2日]]に新設した[[完全子会社]]の[[JR西日本宮島フェリー]]へ宮島連絡船の[[事業譲渡|事業を譲渡]]し、同年[[4月1日]]から同社での営業を開始した<ref>[http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174015_799.html www.westjr.co.jp - 船舶事業子会社の設立について] JR西日本・2008年12月4日プレスリリース</ref>。分社化の時点で、年間1億円ほどの赤字が10年ほど継続している状態であった<ref>[http://www.l-co.co.jp/times/log/09/090206/32.html 「宮島フェリー」誕生 JRが出資し分社化] 西広島タイムス2009年2月6日</ref>。なお、事業譲渡後も本航路はこれまで通りJR線の一路線として扱われ、JRグループの企画乗車券「[[青春18きっぷ]]」での乗船も可能となっている<ref>[http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174680_799.html www.westjr.co.jp - 「青春18きっぷ」の発売について] JR西日本・2010年2月10日プレスリリースより。JR他社公式ウェブサイトにも同様の内容あり。</ref>。ただし、宮島航路の分社化後は、JRグループの乗車券は社線連絡として扱われ、宮島航路単独の乗車券を、全国のみどりの窓口で購入することはできなくなった。
 
[[航路]]の運航距離は2km程度あるが、並行する[[宮島松大汽船]]との[[運賃]]のバランスを考慮して、[[営業キロ]]を1.0kmとしている。この航路は松大汽船と共に[[広島県道43号厳島公園線]]の一部をなしている。