「東日本橋」の版間の差分

編集の要約なし
'''東日本橋'''(ひがしにほんばし)は、[[東京都]][[中央区 (東京都)|中央区]]の[[地名]]で、旧[[日本橋区]]の[[地域]]内である。
 
[[郵便番号]] は、103-0004である。
 
== 概要 ==
通りを挟み、西側は東京都内でも屈指の[[問屋街]]、東側は主に[[オフィス]]や住宅が立ち並ぶ地域で、日本橋地域内でも上位の人口を誇となっている。
 
古今交通の要所として栄え、[[江戸]]の街屈指の[[歓楽街]]であった。歴史的名所も数多く残る。
 
== 地理 ==
日本橋地域の北東に位置し、[[台東区]]([[浅草橋]]・[[柳橋 (神田川)|柳橋]])・[[墨田区]]([[両国 (墨田区)|両国]])との区境にあたる。
; [[川|河川]]・[[橋]]
* [[隅田川]]
** [[両国橋]]
* [[神田川 (東京都)|神田川]]
** [[浅草橋]]
** [[柳橋 (神田川)|柳橋]]
 
== 歴史 ==
;[[川|河川]]・[[橋]]
[[1971年]]([[昭和]]46年)[[4月]]の住居表示の実施により、下記7町がひとつになり東日本橋が誕生成立
*[[隅田川]]
**[[両国橋]]
*[[神田川 (東京都)|神田川]]
**[[浅草橋]]
**[[柳橋 (神田川)|柳橋]]
 
[[明治|明治時代]]までは[[薬研堀 (東京都)|薬研堀]]があり、その大川口には元柳橋が架けられていた。[[古典落語]]などに度々登場する伝統的な区域である。
==歴史==
[[1971年]]([[昭和]]46年)[[4月]]の住居表示の実施により、下記7町がひとつになり東日本橋が誕生。
 
[[明治時代]]までは[[薬研堀 (東京都)|薬研堀]]があり、その大川口には元柳橋が架けられていた。[[古典落語]]などに度々登場する伝統的な区域である。
 
近代以前の「両国」は隅田川西岸のこの地域を指していた。詳しくは[[両国 (墨田区)#中央区側の両国(日本橋両国)|中央区側の両国]]を参照。