「シンガポールの歴史」の版間の差分

[[マジャパヒト王国]]の宮廷詩人であったプラパンチャが[[14世紀]]に書いた『王朝栄華物語』にマジャパヒト王国の服属国としてトマセックの名は見られ、少なくとも14世紀まではこの名で呼称されていた事が伺える。また、同時期に書かれた中国の旅行家[[汪大淵]]による旅行記『島夷誌略』にも「[[海賊]]を生業とする住民が住み、外国船も寄港していた」ことなどが記されている<ref>『地球の歩き方 - シンガポール』(2007年、ISBN 9784478055144)</ref>。
 
=== シンガ ===
その後、14世紀末には[[サンスクリット語]]で「ライオンの町」を意味する'''シンガプラ'''という名称が定着し、現在のシンガポールの由来となっている。何故名称の変更が発生したかについては諸説あり、[[マジャパヒト王国]]の属国地の通称である説、「シンガ」は寄港を意味し、単に寄港地という一般名称であったとする説、シュリーヴィジャヤ王国の王子が動物を[[ライオン]]と見間違えてつけたとする説などがあるが、シンガポールでは[[スマトラ]]より来訪したサン・ニラ・ウタマによって建設され、この名がつけられたとする説を通説としている。
 
匿名利用者