「1991年ポーランド議会選挙」の版間の差分

文言の修正
(→‎出典: 『ポスト社会主義国選挙・政党ハンドブックⅠ』のアドレスが変更されたため修正する。)
(文言の修正)
 
== 概要 ==
[[1989年]][[6月]]の[[1989年ポーランド議会選挙|部分的自由選挙]]<ref>1989年の2月~4月にかけて行われた円卓会議での合意に基づいて行われた選挙で、セイムの35%と新たに設置されたセナトの全議席を自由選挙枠とし、残る議席はPZPRとその[[衛星政党]]に前もって配分される仕組みとなっていた。選挙の結果、自由選挙枠のほぼ全てを「連帯」が獲得し、PZPRは1議席も確保することはできなかった。</ref>の結果、[[独立自主管理労働組合「連帯」]]顧問である[[タデウシュ・マゾヴィエツキ]]を首班として発足した非共産党政権によって、[[憲法改正]](12月)がなされ、及び[[社会主義]]体制放棄して以降、初めて行われた[[自由選挙|完全自由選挙]]である。
 
== 基礎データ ==
:1979年に地下組織として結成された(1990年8月に政党登録)。脱共産主義、独立を目指すが、国家介入を一定の条件で容認する姿勢をとる。
;[[ポーランド農民党]](PSL)
:社会主義体制時代の衛星政党である統一農民党(ZSL)と農民「連帯」の流れを汲む政党。農民の生活保護と穏健な改革、社会的市場経済を訴える。
注記:『ポスト社会主義国 政党・選挙ハンドブックⅠ』P7~P15と『ポーランド体制転換論 システム崩壊と生成の政治経済学』P179~P181を参照して作成した。
 
<references/>
== 出典 ==
*ポスト社会主義諸国の政党・選挙データベース作成研究会 編 {{PDFlink|[http://www.cias.kyoto-u.ac.jp/publish/files/2010/11/ciasdp09.pdf CIAS discussion Paper No.9 『ポスト社会主義国 政党・選挙ハンドブック』]([[PDF]])-CIAS discussion Paper No.9]}}京都大学地域研究統合情報センター
*[http://www.seinan-gu.ac.jp/~sengoku/database/Poland.xls ポーランドの選挙・政党データ]([[Xls]])- [[西南学院大学]]法学部教員[[仙石学]]氏のサイトより
*[[岡山大学]]経済学部教授[[田口雅弘]]著『ポーランド体制転換論 システム崩壊と生成の政治経済学』-岡山大学経済学研究業書第32冊
13,333

回編集