「プロフェッショナル 仕事の流儀」の版間の差分

(→‎外部リンク: stub除去およびカテゴリ追加)
: なお、この番組は2006年からの定番化に先立ち、[[2004年]][[12月17日]]に工業デザイナー・[[深澤直人]]を取り上げ、[[パイロット番組]]として単発で放送された。その際に培ったノウハウがあったからこそ、1月からという[[大河ドラマ]]以外では中途半端な時期に開始することが可能だったとも言える(NHKは現在、こうした実験的番組群を「[[番組たまご]]」と総称している)。ちなみに、この時の司会は[[岡野暁]](当時[[NHK福岡放送局|福岡局]])と[[首藤奈知子]](当時[[NHK松山放送局|松山局]])の両アナウンサー、ナレーションは[[外崎明彦]]が担当。オープニングとエンディングに「推薦人」という肩書きで[[大杉漣]]が出演した。またスタジオで視聴者が観覧する形式を採り、視聴者からの質問にも答えるコーナーが含まれていた。
; 2010年の番組改編
: 2010年春改編で火曜10時台に連続ドラマ枠[[ドラマ10]](実質[[ドラマ8]]と[[金曜ドラマ (NHK)]]の枠統合・移動)が新設されるため、3月で一旦終了。再開は10月16日(土曜日)で、この回は20時から新シリーズオープニング「プロフェッショナルが帰ってきた」、ついで21時から新シリーズの実質第1回となる「[[松本人志]]スペシャル」を放送。レギュラーはその2日後の18日から毎週月曜22時の放送を開始した。<ref>[http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100120/med1001201719001-n1.htm NHKNHK朝ドラは午前8時から 「プロフェッショナル」は秋に復活]MSN産経ニュース</ref> <ref>[http://mainichi.jp/select/today/news/20100916k0000m040021000c.html NHK:NHK:「仕事の流儀」 茂木健一郎さん抜きで再開へ]毎日.jp</ref> <ref>放送再開日時は番組公式サイト参照</ref>。それに先立ち8月19日にスペシャルが放送された。また、同スペシャルの最後でリニューアルと同時に茂木と住吉がレギュラー放送から退き、スペシャル版のみ出演することが発表された。レギュラー版は司会を置かず、現場のドキュメンタリーを中心とし、[[橋本さとし]]と、[[貫地谷しほり]]によるナレーションの構成になっている。2011年4月4日の放送をもっていったん番組を休止し、10月からまた再開する予定。
 
== 放送時間 ==
匿名利用者