「キノコの部位」の版間の差分

({{デフォルトソート:}})
{{Main|担子菌門}}
=== クランプ ===
[[Image:Hypha Lentinula edodes siitake 00.jpg|right|220px|thumb|シイタケの柄の部分の菌糸<br>中央に'''かすがい連結'''が見える]]
担子菌類のキノコを構成する[[菌糸]]を顕微鏡で観察すると、多くの場合に菌糸の隔壁部分の側面に小さなこぶ状の突出部が見られる。これをクランプという。これは、[[二核菌糸]]に特徴的な構造で、二核状態を維持しつつ[[細胞分裂]]をおこなうために、核が移動した痕跡である。このような構造を'''かすがい連結'''(Clamp connection)といい、これが見られれば二核菌糸であるとの判断ができる。ただし、二核菌糸であってもこれを作らない例もある。
{{節stub}}
 
=== シスチジア ===
'''シスチジア'''('''Cystidia''')または'''嚢状体'''('''のうじょうたい''')とはキノコの傘やひだ等の表面にある特徴的な[[細胞]]。キノコを同定する上で重要な手がかりになる。細胞なので[[顕微鏡]]で観察する必要がある。
28,698

回編集