「パク・ジニョン」の版間の差分

編集の要約なし
1972年、韓国[[ソウル特別市|ソウル]]で生まれる<ref name="hankooki0303">{{Cite web|date=2003-03-26|url=http://news.hankooki.com/lpage/life/200303/h2003032619033523380.htm|title={{Lang|ko|&#91;스타 메이커&#93; JYP 엔터테인먼트 박진영}}|work={{Lang|ko|한국아이닷컴 한국일보}}(韓国アイドットコム 韓国日報)|publisher={{Lang|ko|인터넷한국일보}}(インターネット韓国日報)|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。父親の転勤で小学1年生の時に渡米し、2年余り[[ニューヨーク]]に居住<ref>{{Cite web|date=2007-12-04|url=http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200711291840141133|title={{Lang|ko|박진영, "키스는 섹스보다 강하다" (단독인터뷰)}}|work={{Lang|ko|마이데일리}}(マイデイリー)|publisher={{Lang|ko|마이데일리}}|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。そこで[[ブラックミュージック]]に触れて音楽にのめり込むようになり<ref>{{Cite web|date=2008-09-04|url=http://news.hankooki.com/lpage/culture/200809/h2008090402491786330.htm|title={{Lang|ko|가수 박진영 "실패를 두려워 말고 도전하라"}}|work={{Lang|ko|한국아이닷컴 한국일보}}(韓国アイドットコム 韓国日報)|publisher={{Lang|ko|인터넷한국일보}}(インターネット韓国日報)|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。また高校生の頃、日本の桑田佳祐のスキップビートを聴きアジア人でも黒人音楽ができると衝撃を受けたと語っている<ref>NHK K-POP青春グラフィティ</ref>。これらの経緯から、[[延世大学校]]に入学後、歌手になることを決意する<ref name="chosun0707">{{Cite web|date=2007-07-02|url=http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2007/07/02/2007070201168.html|title={{Lang|ko|&#91;만물상&#93; 박진영}}|work={{Lang|ko|조선닷컴}}(朝鮮ドットコム)|publisher={{Lang|ko|디지틀조선일보}}(デジタル朝鮮日報)|language=韓国語|accessdate=2008-12-01}}</ref>。
 
そして、1992年にグループ「パク・ジニョン・グァ・シンセデ」(パク・ジニョンと新世代)で念願の歌手デビューを果たすも、売れずに失敗し、再デビューのために受けたオーディションにも次々落選と挫折を味わう<ref name="magt0710">{{Cite news|url=http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=230&aid=0000002335|title=&#91; t MAP&#93; {{Lang|ko|박진영}}|work={{Lang|ko|네이버 뉴스}}(ネイバー ニュース)|newspaper={{Lang|ko|매거진}}t(マガジンt)|publisher={{Lang|ko|테이스트팩토리}}(テイストファクトリー)|page=|date=2007-10-30|accessdate=2010-02-10|language=韓国語}}</ref><ref>{{Cite web|date=2007-12-05|url=http://article.joins.com/article/article.asp?Total_ID=2970472|title={{Lang|ko|&#91;양성희기자의헬로파워맨&#93; CEO·가수·프로듀서 박진영}}|work=JOINS|publisher={{Lang|ko|조인스닷컴}}(ジョインスドットコム)|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。その後、歌手[[キム・ゴンモ]](コンモ)のマネージャーに拾われ、コンモのバックダンサーを務めていた時に、コンモを手掛けていた人気プロデューサーのキム・ヒョンソクと知り合い意気投合<ref name="magt0710" />。ヒョンソクの家に転がり込み、2年ほどヒョンソクから音楽理論を学ぶ<ref name="chosun0707" /><ref name="magt0710" />。そして、1994年に今度はソロの[[リズム・アンド・ブルース|R&B]]歌手として歌謡界に復帰すると、セクシャルな衣装とダンスで注目を集め、一躍人気者となった<ref name="hankooki0303" />。このいきさつはNHKNHK番組の[[K-POP 青春グラフィティ]](2010年)でも本人自らが語っている。
 
1997年には、それまで所属していたデヨンAV(のちのポイボス)から独立し、個人事務所「テホン企画」(のちの[[JYPエンターテインメント]])を設立する<ref>{{Cite web|date=2007-01-30|url=http://www.edaily.co.kr/news/stock/newsRead.asp?sub_cd=DB42&newsid=01882726583002968&clkcode=00203&DirCode=0030505&curtype=read|title={{Lang|ko|`비` 소속사 JYP엔터, 코스닥 직상장 추진한다}}|work={{Lang|ko|이데일리}}(イーデイリー)|publisher={{Lang|ko|이데일리}}||language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref><ref name="mydaily0702">{{Cite web|date=2007-02-17|url=http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200702151857131130|title={{Lang|ko|홍승성 JYP대표 "비 재계약문제는 월드투어 이후에" &#91;설 특별인터뷰&#93;}}|work={{Lang|ko|마이데일리}}(マイデイリー)|publisher={{Lang|ko|마이데일리}}|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。同時にプロデュース活動も開始し<ref>{{Cite web|date=2007-01-17|url=http://www.donga.com/fbin/output?n=200701170085|title={{Lang|ko|박진영 “비가 월드스타? 아직은 아니죠”}}|work={{Lang|ko|동아닷컴}}(東亜ドットコム)|publisher={{Lang|ko|동아닷컴}}|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>、R&Bやヒップホップ調の曲に家族愛など庶民的な内容の歌詞を付けて歌わせ、男性アイドルグループ「[[god]]」(ジーオーディー)を幅広い年齢層から支持される国民的グループに押し上げるなどの手腕を発揮<ref>{{Cite web|date=2000-11-06|url=http://www.donga.com/fbin/output?n=200011060292|title={{Lang|ko|&#91;대중음악&#93;돌아온 'god' 인기 대폭발…3집 나흘새 60만장 팔려}}|work={{Lang|ko|동아닷컴}}(東亜ドットコム)|publisher={{Lang|ko|동아닷컴}}|language=韓国語|accessdate=2008-12-01}}</ref><ref name="hankook0712">{{Cite web|date=2007-12-19|url=http://weekly.hankooki.com/lpage/people/200712/wk2007121920033737490.htm|title={{Lang|ko|박진영 "6년 만에 무대 서니 너무 떨려요"}}|work={{Lang|ko|한국아이닷컴 주간한국}}(韓国アイドットコム 週刊韓国)|publisher={{Lang|ko|인터넷한국일보}}(インターネット韓国日報)|language=韓国語|accessdate=2008-12-10}}</ref>。その後も自社所属の[[ピ (歌手)|ピ]]や[[ワンダーガールス]]を人気歌手に育て上げ<ref name="hankook0712" />、JYPエンターテインメントを韓国4大音楽プロダクションのひとつにまで成長させた<ref name="mydaily0702" />。
匿名利用者