「桂枝茯苓丸」の版間の差分

{{デフォルトソート:}}
m
({{デフォルトソート:}})
'''桂枝茯苓丸'''(けいしぶくりょうがん)は、[[古方派]][[漢方薬]]の処方の一つ。
 
== 概要 ==
 
[[当帰芍薬散]]、[[桃核承気湯]]とともに、[[瘀血]]と呼ばれる血の滞りをとる処方の一つである。
 
== 作り方と飲み方 ==
等量の[[桂枝]]、[[茯苓]]、[[牡丹皮]]、[[桃仁]]、[[芍薬]]をはちみつで「うさぎのうんこ」状に丸め、食前に一丸を飲む。効かないときは3丸まで増やしてよい。
 
== 効能 ==
等量の[[桂枝]]、[[茯苓]]、[[牡丹皮]]、[[桃仁]]、[[芍薬]]をはちみつで「うさぎのうんこ」状に丸め、食前に一丸を飲む。効かないときは3丸まで増やしてよい。
鬱血や血行障害による症状に用いられ、当帰芍薬散よりは実証の人に用いる。みぞおちのあたりの動悸や、下腹部の硬結・圧痛などを目標にし、月経不順、不妊症などに用いる。かつては狭心症などにも用いた。
 
<!-- ==効能 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}} -->
== 参考文献 ==
<!-- {{Cite book}} --> <!-- {{Cite journal}} -->
*[[金要略]]
 
== 関連項目 ==
鬱血や血行障害による症状に用いられ、当帰芍薬散よりは実証の人に用いる。
<!-- {{Commonscat|}} -->
* [[瘀血]]
* [[当帰芍薬散]]
 
== 外部リンク ==
みぞおちのあたりの動悸や、下腹部の硬結・圧痛などを目標にし、月経不順、不妊症などに用いる。かつては狭心症などにも用いた。
{{節stub}} <!-- {{Cite web}} -->
 
{{medicalMedical-stub}}
==関連項目==
*[[瘀血]]
*[[当帰芍薬散]]
 
[[Category{{デフォルトソート:漢方薬|けいしふくりようかん]]}}
==出典==
[[Category:漢方薬]]
*[[金櫃要略]]
 
<!-- [[en:]] -->
{{medical-stub}}
[[Category:漢方薬|けいしふくりようかん]]
匿名利用者