「警棒」の版間の差分

その機能・用法上<ref>[[刃物]]や[[拳銃]]などと比較して相手に致命傷を負わせる危険が少ない等。</ref>、[[警察官]]や[[警備員]]<ref>ちなみに現在の日本の[[警備員|警備業]]の[[業界用語]]では「警棒」のことを「'''警戒棒'''」(けいかいぼう)と呼称している。</ref>が警棒を携帯していることが多い。基本的には殺傷力の低い護身用具として使われるが、扱いようによっては相手を死亡させかねない、れっきとした武器ともなる。[[日本]]では、警棒の購入や[[所有権|所有]]には法的規制は無いが、みだりに[[携帯]]すると[[違法性|違法]]([[軽犯罪法]]違反等)とされる場合があり、充分な注意が必要である<ref>[[法令]]上・[[法解釈]]上・[[判例]]における'''「[[所持]]と[[携帯]]の違い」に要注意'''。</ref>。なお、警察官や警備員の警棒操典では、使用に際しては[[過剰防衛]]にならないよう“[[首]]から下の部分”を、“殴る”のではなく“叩く・打つ”など、相手に与える打撃は制圧の為の必要最低限とする事が指導されている<ref>しかし実際には相手が暴れるなどした場合、的を絞り込めないため、取り押さえに際して首から上への打撃がなされた例は多いとされる。</ref>。
 
日本においては、[[日本の警察官|警察官]]<!--[[海上保安官]]-->や警備員が用いる警棒の基準として、かつて「長さ60[[センチメートル]]以下、直径3センチメートル以下、重さ320[[グラム]]以下の[[]]棒とする」と[[警察庁]]の規格が定められ用いられていたが、[[治安]]情勢の変化に伴い、警察官の用いる物については[[2006年]][[11月]]より、後述のように規格が変更された。これに合わせて、警備員が用いる物についても、「警備員等の護身用具の携帯の禁止及び制限に関する[[都道府県]][[公安委員会]]規則の基準について(依命[[通達]])」([[2009年|平成21年]][[3月26日]]付け警察庁乙生発第3号)[http://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/seianki/seianki20090326-1.pdf]により規格が変更されている。
 
なお、[[機動隊]]などが装備する長い棒は'''警杖'''(けいじょう)と呼ばれ、警棒と区別される<ref>「警杖」は「杖」の漢字が[[常用漢字]]表外字であるため、公式には「警じょう」と表記される。これは「[[拳銃]]」のことを「けん銃」若しくは「短銃」と表記するのと同じことである。</ref>。また、警杖は武器・護身用具・捕具として以外にも、[[犯罪]][[捜査]]の際に遺留品を探すために藪を掻き分けたり、[[応急処置]]の[[担架]]の芯としても利用されるなど、広い用途で使われている。全長は90cm・120cm・180cmの3種類が存在する。
匿名利用者