「酒井忠休」の版間の差分

編集の要約なし
m
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 =
| 藩 = [[出羽国|出羽]][[庄内藩#出羽松山藩|松山藩]]3代藩主
| 氏族 = [[酒井氏#左衛門尉酒井家|左衛門尉酒井家分家]]
| 父母 = 父:[[酒井直隆]]、母:[[本多氏]]
}}
 
'''酒井 忠休'''(さかい ただよし)は、[[出羽国|出羽]][[庄内藩#出羽松山藩|出羽松山藩]]3代藩主。左衛門尉酒井家分家3代。宗家初代・[[酒井家次]]の三男・酒井忠重の子孫で、庄内藩士・[[酒井直隆]]の子。母は[[本多氏]]。
 
== 経歴 ==
[[享保]]17年([[1732年]])7月に先代藩主の[[酒井忠予]]の実子である[[酒井忠英]]が廃嫡されたため、同年8月29日にその養嗣子となり、同年11月25日の忠予の[[隠居]]で跡を継いだ。藩政改革で借上制を行なったが、養子として入った忠予に対して家臣団が反発したために失敗し、幕府から3000両を借りて窮状を凌いでいる。[[宝暦]]10年([[1760年]])8月、[[若年寄]]に任じられ、[[安永]]8年([[1779年]])12月15日に[[上野国]]内で50005,000石を加増され、出羽松山藩は2万50005,000石となった。天明7年(1787年)4月18日、74歳で死去し、後を次男・忠崇が継いだ。忠英の子・忠郷、忠起を養子としていたが、いずれも夭折している。
 
[[将棋]]の名人だったといわれている。
匿名利用者